脂性肌or乾燥肌? それとも…オイリードライ? 乾燥性脂性肌の見分け方と対策方法

2016/11/21 18:10

person-731142_640

肌表面のテカテカとした脂っぽさが特徴の脂性肌。
ニキビや毛穴などの様々な肌トラブルを引き起こします。そんな脂性肌は皮脂が多い状態のことをいいます。皮脂の分泌が過激になるのは、乾燥が原因でなる場合も。
 
ここ最近では、インナードライ肌やオイリードライ肌などという言葉で表現されていることが多いようですね。
 
よく聞く言葉ですが、実際にはどのような肌を指すのかあやふやな人が多いのではないのでしょうか。そんな方に向けて、今回は乾燥性脂性肌(オイリードライ肌)についてまとめてみました。

目次
 
そもそも脂性肌とは?
脂性肌と乾燥肌の両方が起こりうる
乾燥性脂性肌(オイリードライ肌)
あなたはどっち?自宅でできる肌チェック
脂性肌と乾燥性脂性肌で違うスキンケア
真性脂性肌の特徴
 ・ 皮脂を取り除くスキンケアで改善する
 ・ 真性脂性肌におすすめのスキンケア
乾燥性脂性肌の特徴
 ・ プラス保湿力のあるスキンケアで潤いを保つ
 ・ 乾燥性脂性肌おすすめのスキンケア
 ・ 肌質を知ってスキンケアをしよう☆

そもそも脂性肌とは?

脂性肌とは、通常よりも皮脂が多くある状態のことをいいます。
肌にとって皮脂はなくてはならない存在ですが、睡眠不足やストレスが原因で必要以上に大量に発生してしまうと、毛穴トラブルやニキビの炎症を引き起こしてしまいます。
 
テカりやべたつきが特徴的で、女性の抱える悩みは、化粧崩れしやすいこともあげられます。
 
脂性肌(オイリー肌)からサラサラ肌へ生まれ変わる7つの改善策

脂性肌と乾燥肌の両方も起こりうる

脂っぽいべたつきのある脂性肌と、カサつきのある乾燥肌は正反対のように思えますが、両方が同時に起こりうる場合もあります。

脂性肌=「皮脂が多い状態」
乾燥肌=「水分が足りていない状態」

皮脂と水分は全くの別物です。
皮脂が足りていない状態でも肌の内側は水分が足りていない乾燥状態にある可能性もあります。さらに、お肌が乾燥状態にあることで、水分の蒸発を防ごうとして皮脂の分泌が多くなる傾向もあります。

乾燥性脂性肌(オイリードライ肌)

innardorai

肌表面が脂性肌であり、内側が乾燥肌にある状態を“乾燥性脂性肌”といいます。よく、インナードライやオイリードライなどと言われてることが多いですね。 
 
乾燥が原因で、水分の蒸発を防ごうとして皮脂が多く分泌してしまう状態にあります。
 
インナードライなどといった隠れ乾燥肌は、珍しいことではなく女性の10人に8人の確率で多くいるといわれています。Tゾーン(鼻、おでこ)にテカリがあり、口元や頬、顎回りなどが乾燥しているというパターンが一番多く、顔の部分によって症状が違うことが特徴ともいえます。
 
また、肌表面は脂っぽいのにツッパリ感を感じたり、肌がゴワゴワする、毛穴が目立つ、化粧持ちが悪いなどの悩みも引き起こしてしまいます。

あなたはどっち?自宅でできる肌質チェック

実際のところ、自分は(真性)脂性肌?乾燥性脂性肌?のどっちなんだろう…。そんな人のために自宅でできる簡単な見分け方を紹介します。
 
まずは、朝の洗顔後、化粧水や乳液などを何もつけずに放置します。
何もつけずに放置してるとツッパリ感がでてくるのは当たり前です。その状態のまま20分放置したあとの症状で区別できます。
 
洗顔後20分経過して…
 

■20分以内にツッパリ感がなくなり、テカりがでてきている
 ⇒ 真性脂性肌
■顔の部分によって大きく違いがある
(TゾーンやUゾーンがテカっていて、ツッパリ感は完全に消えてはいない)
 ⇒ 乾燥性脂性肌

脂性肌と乾燥性脂性肌で違うスキンケア

oil-in-water-1438316_640
【真性脂性肌】
✔ 肌表面がテカリ、べたついている
✔ 皮脂が多く、水分も比較的に多い状態である
 
遺伝的なものや、生まれつき皮脂腺が大きいことが考えられます。思春期や加齢などが原因となるケースも。

真性の脂性肌は、肌の水分量も比較的に多く、遺伝的なものが考えられます。
そのため、油分がなるだけ少ないスキンケアや、100%オイルカットのスキンケアがより良いでしょう。ニキビ、毛穴の改善効果のあるスキンケアを選ぶことがおすすめです。
 
毛穴に溜まった皮脂を取り除いてくれるだけでなく、脂性肌による肌トラブル、ニキビや毛穴の汚れ、黒ズミも改善に期待ができます。

aikyaltutinov

真性の脂性肌におすすめのスキンケアは、「ノブACアクティブ」のスキンケアです。
ニキビの炎症に効果があるだけでなく、テカリやべたつきの改善効果もあります。皮膚科などの医療現場にも置かれている注目のスキンケアです。
 
人気の秘密は、洗顔料に含まれる「マイルドピーリング効果」。他のピーリングと比べて肌に優しく、毛穴汚れや古い角質を取り除いてくれます◎
 
実際に一週間トライアルセットで試してみて、生理前にできていたニキビが治りました。
使用感もさっぱりとしていて、脂性肌におすすめのスキンケアです。

 

desert-landscape-1149527_640

【乾燥性脂性肌】
✔ 肌表面がテカリ、べたついている
✔ 皮脂が多く、水分が少ない状態にある
 
乾燥が主な原因で、皮脂の分泌が多く発生。内側は乾燥していて、肌表面は皮脂が多い状態にあります。

脂性肌と違い、乾燥による脂性肌の方には、しっかりと保湿することが大切になってきます。毛穴や皮脂を取り除くだけのケアをしていると、脂性肌の悪化の原因に繋がってしまいます。
 
インナードライ肌で一番重視するポイントは保湿力です。肌の内側から潤いを保つことで、過激な皮脂の分泌を防ぐことができるのです。
 
しかし、肌表面の皮脂も多い乾燥性脂性肌は、皮脂を取り除いてあげることも大事!真性の脂性肌おすすめの「ニキビ、毛穴用のスキンケア」にプラス、保湿力のあるものを選ぶと良いでしょう。保湿液でべたつきが気になる人は、さっぱりタイプがおすすめ☆
 
反対にクリームタイプは保湿力が高いことでも知られていますが、油分を多く含んでいるため、脂性肌向きとはいえません。
ジェルタイプやローションタイプが良いといえるでしょう。

img_0685

100%オイルカットで有名なオルビスのアクアフォースシリーズです。
業界初の配合で、保湿力は一般の乳液に比べてなんと約8倍!しっとりタイプとさっぱりタイプの2種類あるので、自分の肌質や好みの使用感によって選ぶことが出来ます。
 
毎日のスキンケアにおすすめ☆
お手頃な値段から始められるトライアルキットがあるのも高評価でした。

肌質を知って正しいケアをしよう☆

脂性肌は、「真性脂性肌」「乾燥性脂性肌」の2つの種類がありました。
乾燥肌と脂性肌は両方起こりうることがあるということがとても重要なポイントです☆
 
また、2つの原因がそれぞれ違うことで、スキンケアの選ぶ基準が変わってきます。
 
自分の肌質をきちんと知ることが、改善への一番の近道かもしれませんね。
 
今回おすすめしたスキンケアは、ドレッサー管理人が実際に試しておすすめするスキンケアです。ビフォーアフターの写真や、肌チェッカーなどで詳しくレビューしているので参考にしてください♪

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...