ミネラルファンデーションとは?正しい知識で選ぶおすすめのMMUコスメブランド

2016/09/13 18:06

最近、見かけることの多くなったミネラルファンデーション。
他のファンデーションと何が違うんだろう…?
本当に肌に優しいんだろう…?

意外と知られてない、ミネラルファンデーションの誕生から、配合成分、選び方の注意、おすすめのミネラルファンデーションまでをまとめました。

目次
 
ミネラルファンデーション誕生
日本に上陸
ミネラル成分とは?
ミネラルファンデーションの選び方の注意
おすすめのミネラルファンデーション
まとめ

ミネラルファンデーション誕生

28cd0aba70cf22afce0960f666eb8f43_s

1997年にアメリカでDIANE RANGER(ベアミネラルの創業者)が、ミネラル成分で作ったファンデーションを、ミネラルメイクアップ(MMU)と名付けたことから生まれました。
ミネラルファンデーションとは、もともと火傷跡や手術後にも使える化粧品として、医療用に作られたものです。
その後、肌のことを1番に考えて作られているMMUは、ハリウッドセレブの間でたちまち話題になり、多くの人に知れ渡っていきました。

日本に上陸

ミネラルファンデーションが、日本で話題となったのは、2007年~2008年頃から。
国内でMMUのブランドが出来た頃です。アメリカ発祥のMMUは、日本人の肌の色には合わず、海外輸入でしか手に入らなかったため、当時は、あまり認知されていませんでした。

国内ブランド登場以降、自然派化粧品の愛用者を中心に人気を集め、今では、数多くの国内ブランドがあります。
自然派化粧品を愛用している女性だけでなく、最近はMMUに乗り換える人も多く、今大注目のファンデーションです。

ミネラル成分とは?

tsu85_nomikomareru_tp_v

ミネラル成分は、天然の鉱物のことです。ミネラルファンデーションによく使用されているミネラル成分は、大きく分けて3つ。
3つの成分の特徴についてみてみましょう。

①マイカ・酸化チタン
日本語で、雲母チタンと呼ばれています。
マイカを酸化チタンでコーティングした、パール光沢顔料です。ファンデーションや、パウダーに配合することにより、のびが良くなり、肌にツヤを出す効果があります。
②酸化亜鉛
酸化亜鉛は、白色顔料や、UVカット効果のあるノンケミカルな成分です。
ミネラルファンデーションでは、UVカット効果のために使われていることがほとんどです。
昔は、湿疹など治療薬にも使われていた成分で、ファンデーションに含まれていると、消炎作用や収れん作用もあります。
③酸化鉄
酸化度によって色が変わってくる酸化鉄は、様々な色を合わせることで、ファンデーションの色を調節していきます。
また、酸化亜鉛と同様にUVカット効果もあるので、紫外線拡散剤として使われることもあります。

これらのミネラル成分は、皮膚細胞に老化に影響を与える「防腐剤」や、肌のバリア機能を破壊する「オイル成分」を使っていないため、肌への負担が少ないことが特徴です。

ミネラルファンデーションの選び方の注意

ai_img_7789_tp_v

MMUを発案した、DIANE RANGERは、MMUの定義として5つの条件を満たすものをMMUとして認めています。

1)合成着色料不使用
2)タルク不使用
3)鉱物油不使用
4)合成香料不使用
5)賦形剤不使用

しかし、日本国内では、MMUの定義が未だに存在せず、ミネラル成分が主成分として入っていれば、他の成分がなんであろうとミネラルファンデーションと表記できるようになっています。中には、ミネラルファンデーションと表記していても、ミネラル成分がほんの少ししか入っていないミネラルファンデーションもあるのです。

そこで、DIANE RANGERの定義に基づくミネラルファンデーションを選ぶために、注意しておきたい、肌に悪影響のある成分をまとめました。

表記名:○号○色 タール系色素 (合成着色料)
発色剤として使われています。シミの原因となるメラニンを沈着させやすく、肌に刺激を与えます。皮膚トラブルや発がん性もある危険な成分です。
表示名:タルク (タルク)
タルクは、もともと保湿効果のあるミネラル成分です。しかし、タルクには、アスベストが含まれている可能性があり、万が一、吸い込んでしまった場合、呼吸困難を起こす危険があります。
表記名:ミネラルオイル、パラフィン、セレシン、ワセリン (鉱物油)
肌を保護する成分としてファンデーションに使われています。
しかし、保護しすぎて毛穴が詰まり、皮膚の新陳代謝を悪くしてしまいます。また、落ちにくいのも特徴で、肌に成分が残りやすく、肌トラブルの原因に繋がります。

表記名:香料 (合成香料)
紫外線に当たると肌にダメージを与える香料があります。
香料としか、表記されていないので、無香料の化粧品が1番安全と言えます。

以上の成分に注意してミネラルファンデーションを選ぶことが重要です。
1番安全なものを選びたい場合は、ミネラル成分が100%のミネラルファンデーションを選ぶことをおすすめします。

おすすめのミネラルファンデーション

国内のMMUのコスメブランドで、おすすめのミネラルファンデーションを紹介します。

slide_image21
出典:beautifulskin.jp

皮膚科の専門医が、開発したビューティフルスキンのミネラルファンデーションは、ミネラル成分100%で作られています。
全国の300ほどの医療機関に、置かれている注目のドクターズコスメ♪
口コミで人気を集めています。

【ビューティフルスキンの口コミ×体験レビュー】
ビューティフルスキン トライアルキット
10268675_807808949231134_7348013235291005221_n
出典:fecebook @etvos

配合成分は、もちろんのこと、石鹸で落とせることにもこだわっているミネラルファンデーション。クレンジング不要で、ストレスフリーです。
エトヴォスのコスメは、ミネラルファンデーションでなく、落としにくいマスカラや、口紅も石鹸で落とせるので、MMUのコスメブランドとして、とても人気が高いです。

【エトヴォスの2016年秋の新作】
ETVOS(エトヴォス)秋冬コレクション2016
10805835_770746336336493_4956810029890165548_n
出典:fecebook @onleminerals.jp

キャッチフレーズの通り、つけたまま眠れるほど、肌に優しいミネラルファンデーションです。
ミネラルファンデーションには、珍しい、豊富なカラーバリエーションで、18色のカラーから「ツヤ・マット」の2パターンから選べます。自分の好みの仕上がりと、自分の肌に合った色が見つかります。

401466_358722867548774_189509158_n
出典:fecebook @vintorte

素肌の本質を活かした、ナチュラルな仕上がりのミネラルファンデーション。
下地やパウダーも不要!これひとつで、透明感のある肌に仕上がります。
石鹸でメイクオフも◎女優の浅見れいなさんも愛用していることでも知られています。

まとめ

肌に優しいとされるミネラルファンデーション。
ミネラルファンデーション選びに失敗しないためにも、成分を知っておくことが大切です。

毎日つけるものだからこそ、肌に負担の少ないファンデーションを使いたいですね。

これから、MMUに変えようか迷っている方にも、参考になったら嬉しいです♪

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...