毛穴カバーは化粧下地で変わる!毛穴レスの肌を作るおすすめのメイク方法

2016/03/04 16:00

毛穴の悩みをメイクでカバー☆毛穴レスの肌を作るおすすめの化粧下地&メイク方法

年齢を重ねるとともに気になってくるのが毛穴…。
しっかりファンデーションを塗ったのに、時間が経つといつの間にか毛穴にファンデーションが馴染んで凸凹してきた、なんてことありませんか?
 
そんな時、見直すべきはファンデーションではなく、実は「化粧下地」なんです
 
一口に毛穴の悩みと言っても、種類はさまざま。自分の毛穴タイプはどれなのか。悩みを解消するには、タイプに合った化粧下地を選ぶことがポイントになります。
 
そこで今回は、毛穴タイプ別おすすめの化粧下地とメイク方法をご紹介します。メイクでカバーして、毛穴レス肌を目指しましょう♡
 

化粧下地の重要な役割


化粧下地は、「スキンケア⇒化粧下地⇒ファンデーション」といったように、ベースメイクの最初の工程に使う化粧品です。
ファンデーションの効果を引き立たせる「脇役」のようなイメージがある化粧下地ですが、実はベースメイクにとって欠かせない、とても重要な役割があるんです!
 
化粧下地の最大の役割は、ファンデーションのノリを良くすること
目立つ毛穴の凸凹を、化粧下地でカバーしてあげることで、肌表面がなめらかになり、ファンデーションをより簡単に!薄付きに!することができます。
 
さらに、開いた毛穴にファンデーションが詰まることが原因となる毛穴トラブルを防止する効果や、紫外線や外的な刺激から守る役割があり、ベースメイクでは欠かせない存在なのです。

毛穴レス肌を作るには、シリコン系の化粧下地がおすすめ!


ベースメイクにとって重要な役割のある「化粧下地」。特に、ファンデーションでは隠し切れない毛穴悩みに、化粧下地は必須アイテムです。
 
そんな化粧下地のなかでも、目立つ毛穴を隠したい…という悩みを抱えている方におすすめなのは、シリコン系の化粧下地です。
 
シリコン系の化粧下地は、毛穴を埋めてカバーする機能に優れ、凹凸のない滑らかな肌を作ってくれることから、毛穴レス下地ともいわれています。
毛穴カバーだけでなく、皮脂をブロックする働きもあり、化粧を崩れにくくする効果も魅力のひとつ
 
毛穴の悩みをかかえる人のために作られた化粧下地、といっても過言ではないほど、最適なアイテムです。シリコン系の化粧下地でカバーしたあとに、ファンデーションを重ねれば、ノリ&持ちもさらにアップした毛穴レス肌が完成します。
 

■シリコンの危険性について■

シリコン(ジメジコン)は、毛穴を防いでしまうため、毛穴トラブルが悪化すると一部ではいわれていますが、各医療品メーカーや化粧品メーカーの研究結果では、そのような事実は一切ないと結論づけられています。
洗い流せばスルリと落ちていくもので、安全性には全く問題がない成分です。
 
ニキビや吹き出物ができる原因は、雑なクレンジングで汚れが除き切れていないなど、スキンケアに問題がある可能性があります。メイク後は、正しいスキンケアを行いましょう。
 
⇒[関連記事]肌荒れの原因はクレンジングにあり!肌に負担をかけないクレンジング方法とは?

毛穴悩みの種類別で選ぶ「シリコン系化粧下地」

今回は、それぞれの毛穴の悩みに合わせて、おすすめのシリコン系の化粧下地をご紹介します。
 
毛穴トラブルには、大きく分けて4種類。あなたはどの毛穴タイプ?
 

あぶら毛穴


皮脂分泌が多い若い年齢に起きやすく、過剰な皮脂分泌が原因の毛穴トラブル。
オイリー肌で、テカりやすく、メイクノリや崩れに影響します。皮脂と角質が混ざってしまい毛穴を塞いでしまうと、詰まり毛穴となり、酸化すると黒ずみなど悪化する場合も…。

【あぶら毛穴の特徴】
✔ オイリー肌(脂性肌)
✔ 若い年齢に起きやすい
✔ テカリやすい
✔ ベタつきがある
✔ 悪化すると黒ずみになる

 
★あぶら毛穴におすすめのシリコン系の化粧下地

 

黒ずみ毛穴


皮脂分泌が多めで、皮脂と角質、化粧品などが混ざり、毛穴を塞いでしまうことで起きる毛穴トラブル。詰まり毛穴を放置すると、表面が酸化して黒くなる黒ずみ毛穴へと悪化します。
メイクや汚れが落としきれていないことが主な原因。また、黒ずみ毛穴に関しては、紫外線などによるメラニンが原因の場合もあります。

【詰まり(黒ずみ)の特徴】
✔ 毛穴が黒ずんでいる
✔ 細かい黒い点のように広がっている
✔ 肌表面がザラザラしている
✔ 額から鼻あたりにできることが多い

 
★詰まり(黒ずみ)毛穴におすすめのシリコン系の化粧下地

 
 

開き毛穴


過剰な皮脂分泌が主な原因。皮脂線の発達により、毛穴が広がり目立ってしまう状態。毛穴は丸く開いている、オイリー肌で赤ら顔などの特徴があります。
開いたままの毛穴には汚れが入りやすく、古い角質やホコリなどが溜まることで悪化していきます。

【開き毛穴の特徴】
✔ 顔全体に起きる
✔ 毛穴が開いている
✔ オイリー肌(脂性肌)
✔ 赤ら顔にもできやすい

 
★開き毛穴におすすめのシリコン系の化粧下地

たるみ毛穴


加齢により、皮膚がたるむことで、毛穴の形状が縦長に伸びた状態。頬やほうれい線の辺りに多く見られる。40代後半以降にできやすく、”加齢毛穴”と呼ぶこともあります。

【たるみ毛穴の特徴】
✔ 鼻から頬に向けて広がっている
✔ 毛穴が縦長に伸びている
✔ 加齢によるたるみが原因

 
★たるみ毛穴におすすめのシリコン系の化粧下地

毛穴レスを叶える!化粧下地のメイク方法


毛穴をカバーしてくれる“化粧下地”を、より効果的にするために、欠かせないアイテムとなるのが「スポンジ」です。
 
化粧下地を塗った後に、スポンジで上から叩きこむことで、しっかりと毛穴カバーしながらも、ムラのない仕上がりになります。さらに、フィット感が上がることでメイク崩れ防止にも繋がるなど、いいことだらけ♪
 
同じ化粧下地でも、メイク方法を少し変えることで、化粧持ち&仕上がりが全く変わってきます。騙されたと思って、ぜひ試してみて下さい!では、スポンジを使った化粧下地のメイク方法をご紹介していきます。

■使用するもの
・化粧下地
・スポンジ

塗り方の手順

① 手の平に化粧下地を適量出す

ベースメイクのやり方:化粧下地


化粧下地の量は、ベースメイクを作る上で最も大切なポイントです!
少なすぎても、全体的にムラになりやすく、多すぎても化粧がよれる原因に繋がってしまいます。各メーカーによって異なる場合がありますが、パール粒大の量を目安に手にとりましょう。
② おでこ・両頬・顎の4箇所に化粧下地をおく

ベースメイクのやり方:化粧下地2


顎部分には、少量にしましょう。のばした後に、より立体感がでるように、顔の中心寄りに置いていきます。
③ 3本の指全体を使って、一気に広げる
④ 頬・顎・おでこの順番に、矢印の方向に向かって広げる

ベースメイクのやり方:化粧下地4


Tゾーン・小鼻は、余った化粧下地を少量のせる程度でOKです。
⑤ さらに毛穴が気になる部分は、指で馴染ませる
毛穴をカバーしたい部分や、細かい部分もしっかりと馴染ませましょう。
⑥ 最後に時間を置いてから、スポンジで全体を馴染ませる



化粧下地が肌に馴染むまで、しばらく時間を置いてから、スポンジで馴染ませていきます。特に、小鼻部分は化粧崩れが起きやすいので、スポンジの角を使って丁寧に押さえましょう。

 

■化粧下地の塗り方のポイント■

✔ 化粧下地の量に注意する
✔ やや中心にテクスチャーをおく
✔ Tゾーン・小鼻・顎は、少量でOK!
✔ カバーしたい部分はしっかり叩き込む
✔ 時間を置いて、スポンジで馴染ませる

化粧下地と相性の良いファンデーションで仕上げる


ベース下地が完成したら、続いてファンデーションです。
化粧下地とファンデーションの万能な組み合わせは、基本的に同じ性質のものを使うことがおすすめです。
 
例えば、化粧下地が水性タイプの場合、ファンデーションも水性タイプ。化粧下地が油性タイプの場合、ファンデーションも油性タイプに合わせると、相性も◎。

【化粧下地 + ファンデーション】
・[水性タイプ]+[水性タイプ]
・[油性タイプ]+[油性タイプ]
★[シリコンタイプ]+[シリコンタイプ]

今回ご紹介した毛穴カバー力に優れている「シリコン系の化粧下地」を使う場合だと、同じ「シリコン系のファンデーション」との相性が良いということになります。
 

★シリコン系のおすすめファンデーションはコレ!

シリコン系のファンデーションを、まずは試してみたい!という方におすすめなのが「リペア ファンデーション トライアルキット」です。
 
50日間のトライアルキットとなっており、シリコン系のファンデーション「パウダータイプ」と「リキッドタイプ」両方を試すことができます。さらに、仕上げ用の“フェイスパウダー”もセットで付いてくるので、とてもお得な内容となっています。
 
★リペア ファンデーション 豪華8点セット


天然由来100%でできている「リペア ファンデーション」。厚塗り感がないのに、高いカバー力を発揮してくれると口コミでも高評価のファンデーションです!
  
一番の魅力は、なんといってもこの値段で「パウダーファンデ・リキッドファンデ・フェイスパウダー」すべて試すことができること!フェイスパウダー以外は、カラー2色とも試すことができるので、自分に合った色を選ぶことができます。
 
リぺアのリキッドファンデ、パウダーファンデは、共にシリコン系のファンデーションになっているので、毛穴カバーにも最適です。

メイク直しはペールトーンのフェイスパウダーで♪

★Tv&Movie / モイストミネラルルーセントパウダー

メイク直しの際に、そのままファンデーションを重ねると、ヨレ・くすみの原因になりがち。
 
ここで活用したいのが、ペールトーンのパール入りフェイスパウダーです。
ペールトーンの淡い色を持ったフェイスパウダーは、美白効果・透明感UPなどの効果があります。パール入りは、透明感・立体感を演出し、光を味方に付けてカモフラージュ&綺麗なツヤ肌を演出
 
フェイスパウダーのカラーは、肌悩み別に選ぶことがポイントです♪

【ピンク】
…くすみカバー・血色UP・透明感UP
 
【ベージュ】
…カバー力UP・自然な仕上がり
 
【ホワイト】
…色白向け・美白効果・透明感UP
 
【パープル】
…透明感UP・ホワイトよりも自然な美白効果
 
【ブルー】
…赤みカバー・透明感UP・ホワイトより自然な美白効果

 
メイク直しには、ファンデーションを重ねるのではなく、フェイスパウダーを頼って、メイク仕立ての肌のように見せかけちゃいましょう。
 
あぶら取り紙は、必要以上に脂を取ってしまうので、ティッシュなどで皮脂を抑えたあとに、フェイスパウダーをのせるのがおすすめです。
 
⇒[関連記事]あぶらとり紙がテカリの原因に!?意外と知らない正しい使い方
 

化粧下地で毛穴レスな肌を

ベースメイクの中で、重要な役割を持つ「化粧下地」。
特に、目立ってしまう毛穴の悩みを抱える方には、必須アイテムともいえます。
 
毛穴をカバーしたい!化粧崩れしない肌を作りたい!そんな方は、一度、化粧下地を見直してみましょう。
なめらかな毛穴レス肌に、化粧下地が叶えてくれるかも♪
 
今回、ご紹介したシリコン系の化粧下地は、カバー力が高く口コミでも高評価の人気アイテムです。当サイト管理人が実際に試したレビュー記事も、ぜひ参考にしてみてください。
 

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...