なりたい顔を作る!チークの効果とおすすめアイテム特集

(更新日 )


「チークの効果を侮るなかれ」。
ナチュラルメイクや手抜きメイクでも、綺麗に仕上げたいならチークは欠かさず入れるべき!
 
毎日のメイクにチークを活用していない、なんとなく選んでいる…なんて人も少なくはないでしょう。しかし、それはとっても勿体ないこと。
チークがもたらす効果は、思った以上に大きいのです。
 
今回は、そんなチークがもたらしてくれる効果や印象を左右するメイク方法をご紹介♪
厳選したおすすめのチークメイクアイテムもピックアップしているので、自分に合ったチーク選びの参考にしてみて下さいね。
 

目次
 
チークの効果
チークの種類と選び方
 ・ ①自分の肌色タイプで選ぶ
 ・ ②テクスチャーで選ぶ
 ・ ③なりたいイメージに近いカラーを選ぶ
入れ方で顔が変わるチークメイク術
人気おすすめチーク11選!
まとめ

 

チークがもたらす効果を改めて知っておこう

チークの効果をイマイチ実感できない…という方、チークがある場合とない場合を比較してみましょう!


(画像右)チークあり(画像左)チークなし。
どちらが肌が綺麗に見えますか?あまり変わらない?いえいえ、よ~く見てください。
 
チークが入った『左側』の画像は、肌の色が明るく見えませんか?
さらに立体感が出ていて、肌が綺麗に見えるのが分かると思います。

チークは、肌に立体感や透明感を与え、肌色をパッと明るくしてくれます。また、真顔でも頬が引き上がって見え、印象も良くなる効果があるのです。

普段からチークなしのメイクに慣れていると、それが当たり前のようになってしまいますが、実際に比較してみるとベースメイクの仕上がりは大きく違ってきます。自分がどのような印象に見られるかは、チークによって左右されることも有り得るということ。
 
髪型やファッションと合わせて自分がなりたいイメージに近づけるには、欠かせない存在となるのですね。

自分にピッタリ合うチークの種類とその選び方


チーク選びで肝心なのは、まず自分に似合うチークを選ぶこと。
しかし、「チーク」といっても、カラーやテクスチャーなど種類は様々です。もちろん、それらの特徴によってチークがもたらしてくれる印象も変わってきます。
 
そこで、自分にピッタリ合うチークを見つけるために、チーク選びで注目しておきたい3つのポイントをご紹介していきます。

≪チーク選びの3つのポイント≫
 
1.自分の肌タイプで選ぶ
2.テクスチャーで選ぶ
3.なりたいイメージに近いカラーを選ぶ

①自分の肌色タイプで選ぶ


色には相性というものがあります。
それは、チークも同じです。同系色のチークカラーでも、透明感がアップして仕上がりが良くみえることもあれば、反対に顔色が悪く、くすんだ印象となってしまうこともあります。
 
チークの効果を発揮するには、まず自分の肌色に合ったチークカラーを選ぶことが大切なのです。
 
人は肌色や髪色から「ブルーベース」と「イエローベース」に分けられます。これらのパーソナルカラーは、似合うチークカラーを知るためにはもちろん、ファンデーションやファッションなど色のついたアイテムを決める時にも役立ちます。
 
自分がどちらのカラーが分からないという人は、簡易的な診断に当てはまる項目をチェックしてみて似合う色を見つけてみて下さいね。
早速、それぞれに相性の良いチークカラーをチェックしていきましょう。

ブルーベース



こちらの項目が多かった「ブルーベース」の人に似合うチークカラーは…


青み寄りのピンク系や赤系。ローズピンクやベージュピンクなど。

 

※ブルーベースに似合わない色※

ブルーベースの人に似合わない色は、黄み寄りのチークカラーです。


左側に比べて、肌トーンが暗く、くすんでいるように見えます。
ブルーベースの人の特徴ともいえる「透明感」が薄れてしまっていますよね。なるべく、黄み寄りのカラーを避けて、ブルベースと相性の良いチークカラーをチョイスすることをおすすめします。

イエローベース



こちらの項目が多かった「イエローベース」の人は…


黄み寄りのピンク系やオレンジ系。
サーモンピンクやコーラルピンク、ベージュなど。

 

※イエローベースに似合わない色※

反対にイエローベースの人に似合わない色は、赤み寄りのチークカラーです。


比較してみると不自然さが分かると思います。左側に比べて血色が悪く見えますよね。
もし、赤み寄りのチークカラーでメイクしたい場合は、顔回りのアクセサリーやトップスなどで相性の色を足してバランスを取ってみると良いでしょう◎

今回ご紹介した診断チェック項目は、あくまで簡易的なものになります。
 
中にはブルーベースとイエローベースが混ざったタイプの人もいますので、もし簡易診断をしても分からない…本当に正しいのか分からない…なんて人は、一度サロンなどでパーソナル診断を受けてみると良いかもしれませんね。

②テクスチャーで選ぶ


粉タイプが主流となっていた「チーク」ですが、最近ではクリームタイプやリキッドタイプ、様々な種類のものが発売されています。同系色でもテクスチャーが変わるだけで、少し違った雰囲気が楽しむことができます♪
 
なりたいイメージに近いチークの種類、もしくは自分が愛用しているファンデーションとの相性で選ぶこともおすすめです。
 
パウダータイプ
…プレストタイプとルースタイプの2種類がある粉タイプのチーク。ふわっとしたやわらかい印象でマットな仕上がり。比較的にどのファンデーションとも相性が良い◎
 
クリームタイプ
…通称「練りチーク」とも言われ、チークの定番になりつつあるクリームタイプは、肌との密着度が高いためメイク持ちが良いというメリットも◎ナチュラルな艶感と発色が良いという特徴を持つ。ただ、ルースタイプのファンデーションとの相性はイマイチ。
 
リキッドタイプ
…水分量が最も多く伸びの良いリキッドチークは、肌の内側から潤っているような透明感のある仕上がりに。こちらのパウダーファンデーションなどの粉タイプとの相性は△
 

トレンドとなる「艶肌メイク」には、クリームタイプのチークがおすすめ◎
パウダータイプでは、せっかく作った艶感が消えてしまうので、同じ艶感を残す仕上がりのものを選ぶと相性が良いです♪
 
クリームチークは、クッションファンデーションとも合うのでトレンドメイクには欠かせないアイテムともいえます。

③なりたいイメージに近いカラーを選ぶ

先ほどお話したブルーベースとイエローベースと相性の良いチークカラーですが、その中でもチョイスするカラーによって印象は全く違います。
 
チーク選びの最後のポイントとして“なりたいイメージ”で選ぶチークカラーをご紹介。
肌色との相性を考えてブルーベースとイエローベース、それぞれにおすすめのチークをピックアップしてみました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

可愛らしい・優しい印象を与える「ピンク系」チーク


チークの定番といえばピンク。ふんわりと優しい印象を与えてくれるピンク系チークは、女の子らしさを演出するにはピッタリなカラーです♪

ブルーベース イエローベース
≪パウダータイプ≫


クリニーク / チークポップ / 04 プラムポップ
20%オフの2,560円(詳細を見る)

≪パウダータイプ≫


クリニーク / チークポップ / 12 ピンクポップ
20%オフの2,560円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


rmsbeauty / リップチーク / デミュア
4,800円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


rmsbeauty / リップチーク / スマイル
4,800円(詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


アディクション / チークポリッシュ / 06 タッジオ
9%オフの2,750円(→詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


アディクション / チークポリッシュ / 09 センシュアリー
9%オフの2,750円(詳細を見る)

 

可愛すぎず、大人の色っぽさが演出できる「レッド系」チーク


血色チークとも言われるレッド系のチークは、可愛すぎず大人っぽい色気っぽさをイメージしたい時にはおすすめのカラー。赤リップと合わせれば統一感もアップします♪

ブルーベース イエローベース
≪パウダータイプ≫


3CE / RED RECIPE FACE BLUSH / #ALLURING
2,020円(詳細を見る)

≪パウダータイプ≫


3CE / RED RECIPE FACE BLUSH / #PURITY RED
2,020円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


rmsbeauty / リップチーク / モデスト
4,800円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


rmsbeauty / リップチーク / ビーラブド
4,800円(詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


イヴサンローラン / ベビードール キッス&ブラッシュ / ルージュエフロンテ
40%オフの3,580円(→詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


イヴサンローラン / ベビードール キッス&ブラッシュ / オレンジフゥグ
37%オフの3,770円(詳細を見る)

 

顔にメリハリをつけて落ち着いた雰囲気を演出する「ベージュ系」チーク


落ち着いた雰囲気を与えるベージュ系のチークは、顔にメリハリがつくため、小顔効果まで期待できます。ヌケ感を出して大人っぽさを出したいなら、艶感のあるベージュ系チークがおすすめです。

ブルーベース イエローベース
≪パウダータイプ≫


シャネル / ジュ コントゥラスト / レフレクス
15%オフの5,000円(詳細を見る)

≪パウダータイプ≫


シャネル / ジュ コントゥラスト / エレガンス
16%オフの4,940円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


24hcosme / テイストミー リップ&チーク / レディベージュ
2,300円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


24hcosme / テイストミー リップ&チーク / ハニーベージュ
2,300円(詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


ランコム / クッションブラッシュ スプティル / カラー31
38%オフの3,710円(→詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


ランコム / クッションブラッシュ スプティル / カラー22
26%オフの4,450円(詳細を見る)

 

夏メイクの定番!元気でフレッシュな印象になる「オレンジ系」チーク


夏メイクには欠かせないアイテムとなるのがオレンジ系のチーク。元気で明るいイメージを与えてくれます。一見、若い人向けのカラーとも思われがちですが、ベージュ寄りのオレンジチークを選べば大人の雰囲気も◎

ブルーベース イエローベース
≪パウダータイプ≫


エトヴォス / ボンボンチークミネラル / カモミール
1,900円(詳細を見る)

≪パウダータイプ≫


エトヴォス / ボンボンチークミネラル / タンジェリン
1,900円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


エチュードハウス / プレイ 101 スティック / コーラルピーチ
10%オフの1,400円(詳細を見る)

≪クリームタイプ≫


エチュードハウス / プレイ 101 スティック / オレンジ
10%オフの1,400円(詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


3CE / BLUSH CUSHION / #CORAL
2,020円(→詳細を見る)

≪リキッドタイプ≫


3CE / BLUSH CUSHION / #MANDARINE
2.020円(詳細を見る)

チークひとつでこれだけ、印象が変わるなんて驚きですよね。
毎日メイクで使っているチークを“なんとなく”入れているのは、とても勿体ないことなんです。
 
この3つのポイントに注目して選ぶことで、顔を綺麗に魅せてくれるベストなチークを見つけることも可能となるはず♪
 
季節やファッションに合わせてチークカラーを変えてみるのも面白いですね。

入れ方で顔が変わるチークメイク術


チークでイメージを変えるのは色だけの力ではありません。入れ方によっても自分のなりたい顔を作れるものです。
 
なりたいイメージを思い浮かべてください。
可愛い・美人・クール・色っぽい・健康的…。雰囲気が変わるだけで、女性はまるで別人のように変貌するものですよね。
 
チークで雰囲気を作り込んで、なりたい顔を目指しましょう。

チークメイクの基本


<まず基本として、鼻より下にチークがあるのは不自然です。鼻のラインより上に入れるようにしましょう。
 
また、黒目の外側から下に引いた線を軸にして、外側に入れると大人っぽく、内側に入れると可愛らしく仕上がります。
 
チークの基本的な入れ方は下記をご参照ください。 
簡単綺麗!大人ナチュラルなメイクのやり方【チークの入れ方編】
 

次に、さまざまなチークの入れ方をご紹介します。
 
基本をマスターしたあとに、応用編としてチャレンジしてみてください。メイクがマンネリ化しているという方におすすめです♪

使用するアイテム

せっかく買ったチークに満足がいかず放置している人は注目!付属のブラシを使っているのなら、問題はそのブラシにあるのかもしれません。
 
優秀なブラシを使えば、コスメの良さを最大限引き出してくれます。チークでは高発色&持ちもアップさせ、プロ級のような自然なチークメイクに!優秀なブラシは1本は持っておくべき。
 
また、より自然なチークを仕上げるために、スポンジをストックしておくと便利です。

可愛らしい雰囲気になれる【ハートチーク】


使用アイテム:ブラシ、スポンジ
★オススメチークカラー:ピンク系、レッド系

より可愛らしい雰囲気になりたいならハートチークがおすすめです。黒目下より内側にハート型のチークを入れることで、愛されキャラの印象を与えます♡
 
中心に集まるようチークを入れたあと、最後はスポンジでぼかしましょう。
 

小顔効果に期待するなら【逆三角形チーク】


使用アイテム:ブラシ
★オススメチークカラー:ベージュピンク系、ベージュ系

フレッシュな初々しい雰囲気と小顔効果を期待するなら、逆三角形チークがおすすめ。
 
逆三角形にチークを入れることで、重心がきゅっと上がります。目の下にTを描くように入れたあと、逆三角形になるようぼかしましょう。
 

可愛くて色っぽい【ほてりチーク】


使用アイテム:ブラシ、パフ
★オススメチークカラー:ピンク系、レッド系
 
※クリーム、リキッドタイプのチークがおすすめ※

若い世代に大ブームを起こしたほてりチーク。じんわりとほてったのようなチークは可愛くも色っぽい雰囲気に。
 
内側から自然とほてったように仕上げるには、クリームやリキッドタイプのチークがおすすめ。
 

夏メイクの定番【日焼け風チーク】


使用アイテム:ブラシ
★オススメチークカラー≪オレンジブラウン系≫

夏の定番チークメイク。まるで日焼けしたようなチークメイクは、ヘルシーで健康的な印象を与えます。
 
カラーはオレンジブラウン系をチョイスしましょう。また、鼻の頭や顎先にも薄~く乗せると、より一層雰囲気が出ます。思いきって、メガネゾーンに入れても可愛い♪

上品な大人メイクには【Cゾーンチーク】


使用アイテム:ブラシ
★オススメチークカラー≪ベージュ系≫

上品な雰囲気かつ、小顔効果を狙うならCゾーンチークがおすすめです。ベージュ系のチークを、こめかみの少し上からC字を描くように頬骨を通って、黒目下まで入れます。
 
ここにチークを入れるだけで顔全体が引き締まります。

人気おすすめチーク11選!

話題・人気・おすすめのチークを厳選!
発色良し・自然な仕上がり・持ち良しのチークを集めました。

話題のクッションチーク

ファンデーションで話題となったクッション旋風が、チークまでも及んでいる模様。
クッションチークとは、リキッドチークをコンパクトにした画期的なチークです。指を汚さず仕上げられるから嬉しい!

パウダーチーク

やっぱり扱い慣れているパウダーチークなら安心。
ふわっとしたチークに仕上げたい・手軽にメイク直しがしたい・チーク初心者の方などにおすすめです。

 

クリームチーク

しっとりとした保湿感と、持ちの良さを求めるならクリームチークがおすすめです。

リキッドチーク

パウダーやクリームよりも、さらに自然!みずみずしい透明感を味わうならリキッドチークがおすすめです。

石鹸で落とせるチーク

ミネラルファンデーションが流行し、定着すると『石鹸で落とせるコスメ』がポイントメイクにも多く登場。チークも石鹸で落とせるものをチョイスすれば、クレンジング不要で簡単オフできます。
 
ミネラル系コスメは、チークやアイカラーがとても得意。ほとんど使用感はケミカルのものと変わらない優秀ぶりです。

お気に入りのチークアイテムを使いこなそう


いかがでしたか?
お気に入りのチークを見つけて、そのチークを使いこなして、チークの魅力を最大限いかしましょう!
 
まずは、チークの基本の入れ方をぜひマスターしてくださいね!
⇒ 簡単綺麗!大人ナチュラルなメイクのやり方【チークの入れ方編】

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...