敏感肌のためのUV対策!オーガニックの日焼け止めで紫外線から肌を守る

(更新日 )

敏感肌のためのUV対策!オーガニックの日焼け止めで紫外線から肌を守る

肌バリア機能が低下した敏感肌は、化粧品選びにも一苦労。紫外線対策をしようにも日焼け止めで炎症を起こしてしまった!なんて人もいるのではないでしょうか。
 
私自身、毎日ケミカルの日焼け止めを使ってはいられないほど、肌が弱いです。しかし、肌老化の最大の原因と言われる紫外線対策を疎かにすれば、さらに肌はボロボロ…。紫外線対策を怠ったツケは必ずシミ・しわ・たるみという形で自分に返ってきます
 
今回は、敏感肌でも使える日焼け止めの選び方と、おすすめの日焼け止めをご紹介します。
 
毎日安心して使い続けられる日焼け止めは、オーガニックコスメにあり!毎日使っても肌負担をかけずに、きちんと紫外線をカットすることができますよ。
 
敏感肌さんの紫外線対策にぜひご活用ください!
 

目次
 
そもそもオーガニックコスメとは?
日焼け止めの『SPF』と『PA』の意味
紫外線吸収剤?紫外線散乱剤?
オーガニック日焼け止めの選び方
日焼け止めを塗り直すタイミング
おすすめのオーガニック日焼け止め
敏感肌だからこそ紫外線対策は万全に

 

そもそもオーガニックコスメとは?

そもそも、オーガニックコスメって何?と思っている方、意外と多いのではないでしょうか。おそらく敏感肌でオーガニック愛用者でも分からない人もいると思います。
 

まず、私達が通常目にする一般的なコスメは大半が『ケミカルコスメ』と呼ばれるもの。使いやすさや劇的な即効性が魅力のケミカルコスメは、タール色素、合成香料、合成界面活性剤、シリコーンなど石油由来の化学合成成分が多く配合されています。
 
そういった化学合成成分が敏感肌には大きな刺激となる可能性が大きいのです。
 

そもそもオーガニックコスメとは?

一方、オーガニックコスメは、一般的に植物オイル・精油・ミネラルなどの天然成分が使われたコスメのことを指します。無農薬の植物を使ったもの・残留農薬検査をしたものを原料としていて、肌や環境のことを考えて作られています。
 
海外ではオーガニックコスメ認証機関などが存在しますが、日本ではそういった機関はなく、オーガニックコスメの定義がはっきりとしていないのが現状。『オーガニック成分配合』や『天然成分由来配合』など書かれている場合でも、中身を見れば化学合成成分がたっぷりのケミカルコスメだったということもあります。
 
敏感肌にとって、成分表チェックは必須。刺激の起きる可能性のない成分でできたオーガニックコスメを選ぶことが大切です。
 
ただし、『天然成分=肌に優しい』ということではなく、稀に天然成分にアレルギー反応を起こしてしまう人もいるので注意が必要。オーガニックコスメだからと安心しすぎずに、腕の内側などを使ってパッチテストを必ず行いましょう!
 

日焼け止めの『SPF』と『PA』の意味

次に日焼け止めの数値の意味、みなさん知っていますか?SPFの数値が高ければ高いほど良い程度にしか考えたことがない…なんて人もいるのでは?
 
日焼け止めには『SPF20 PA++』などの表記がありますよね。『SPF』『PA』にはそれぞれ種類の違う紫外線をカットする効果を、数値と+の記号で表しているのです。

日焼け止めの『SPF』と『PA』の意味
出典:drx-web.com

SPFとは【紫外線B派(UVB)】による、肌の表皮の炎症・やけど(シミ・そばかす)を防ぐ効果のこと。紫外線を受けて、肌が赤くなるまでの時間を引き延ばしてくれます。
 
平均的に人が紫外線を浴びてから、肌が赤くなるまでの時間は15分。SPF30なら、30倍延長してくれるので、7.5時間となります。日常使いには『SPF15~20』が適切。
 

PAとは、【紫外線A派(UVA)】による、シワやたるみなどの肌老化を防ぐ効果。PAを表す表記は「+~++++」まで4段階。
 
2時間以上続けて紫外線に当たる心配のない(通勤、散歩など)場合は、「++」で十分防ぐことができます。「+」はちょっとした買い物、「+++~」はレジャー向け。

日焼け止めの『SPF』と『PA』の意味
出典:baby-sunscreen.net

敏感肌の人が注意したいのは、SPFとPAともに数値が高くなるほど肌負担も大きくなること。日焼けを怖がるあまり、無意味に必要以上の日焼け止め効果があるものを塗りたくるのは厳禁!必要に応じた日焼け止めを選びましょう。
 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線から肌を守る日焼け止めには、『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』の2種類があります。最近日焼け止めを選ぼうと見ていると『紫外線吸収剤不使用』といった文字を見ることもあるのではないでしょうか。
 
敏感肌さんは、ずばり『紫外線吸収剤不使用』のものを選ぶのをおすすめします。オーガニックコスメの日焼け止めは、天然ミネラルによる『紫外線散乱剤』を使って紫外線をカットしてくれます。
 

紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収することで肌に届かないようにします。吸収した紫外線は熱や赤外線などのエネルギーに変化させることで放出。この化学反応がアレルギーなどの肌負担となる可能性があるのです。
 
肌に負担が大きいとされる反面、紫外線カットの効果は高く白浮きせずに使い心地が良いというメリットがあります。
 

紫外線散乱剤は、天然ミネラルである酸化チタンや酸化亜鉛などによって紫外線が肌に届かないよう、反射させることで防ぎます。
 
オーガニックコスメの日焼け止めやUVベースメイク系は、紫外線散乱剤が使われており、肌の負担が少ないことが最大のメリット
 
一方で、紫外線吸収剤の日焼け止めと比較としたとき、白浮きやベタつきなどの使用感の悪さが目立つという欠点があります。
 
ケミカルと比べると、やはり使用感が劣るオーガニックコスメ。しかし、オーガニックコスメも日々進化していて、効果が高いものも確かにあるのでご安心を!
 

オーガニック日焼け止めの選び方

オーガニック日焼け止めの選び方

ケミカルものよりは数が少ないオーガニックの日焼け止めですが、いざ選ぼうとしてもどれが良いのか迷ってしまいますよね。中にはいわゆる『偽オーガニックコスメ』もあるので注意が必要です。
 
敏感肌さんが日焼け止めを選ぶ・使う際に気を付けたいポイントは以下の3つ!
 

オーガニックコスメの定義が決まっていない日本では、オーガニックコスメと名乗るのは各ブランドの判断に委ねられているところがあります。
 
そこで注意したいのが偽オーガニックコスメの存在。天然成分が一部で、あとはほぼケミカル成分なんてものも存在しているので、成分表はチェックすべきです。敏感肌なら以下の成分はできるだけ避けるようにします。
 

・合成界面活性剤
 例:PEG~、イソステアリルグリセリル、水酸化レシチン、硫酸化ヒマシ油 など
 
・合成ポリマー
 例:カルボマー、ジメチコン・トリメチコン など
 
・タール系色素
 例:赤202、青201、黄203 など
 
・紫外線吸収剤
 例:オキシベンゾン、ジメチルPABAオクチル、シノキサート など
 
・合成香料
 例:アニスアルデヒド、シトラール、フェネチルアルコール など
 
・合成防腐剤
 例:パラベン、フェノキシエタノール、サルチル酸 など

 

日焼けに構えるあまり、日常使いにSPF50などの数値を求める気持ちもわかりますが、敏感肌の方はストップ!日焼け止めの効果は高くなればなるほど、肌に負担を与えてしまうことを覚えておきましょう。
 
日常生活では、SPF15~20・PA+~++まであれば十分です。レジャーなどの場合のみ、数値を上げて使い分けましょう。
 

オーガニック日焼け止めの選び方

日焼け止めを塗っていれば大丈夫と安心してしまうものですが、決して100%遮断できると過信しないようにしましょう。
 
SPF数値検査は、通常たくさんの量を使って検査が行われています。実際は、500円玉大ほどを塗るのがベストなのですが、それでは白浮きやベタつきがとんでもないことになりかねません。
 
紫外線の強い時期は、日焼け止めを一つのアイテムだけに頼らず、ファンデーション・フェイスパウダーなどを併用して日焼け止め効果をアップさせるのがおすすめです。また、帽子や日傘なども活用しましょう!
 

日焼け止めを塗り直すタイミング

SPFの意味そのままに、SPF30なら7.5時間は日焼けしないと安心する人も多いと思います。しかし、このSPFの数値を出すための検査では汗や皮脂が出ることを考慮されていません。普段生活をしていれば知らない内に汗や皮脂、顔を擦るなどして自然と落ちてしまうものです。
 
オーガニック・ケミカルの日焼け止めどちらも『効果を保つためには2,3時間ごとに塗り直してください』と注意書きされていますよね。しかし、日々の生活に追われていると、なかなか塗り直すタイミングを逃してしまいがち。朝塗っただけで1日塗り直さないという人もいるのではないでしょうか。
 
そんなことのないよう、紫外線の多い時期・時間帯を知ってベストな塗り直しのタイミングを見つけておきましょう。
 

日焼け止めを塗り直すタイミング

時期は、3~9月が特に紫外線量が多いので要注意。また、時間帯は午前10時~午後2時です。この時間帯に紫外線を浴びる可能性があるときは、塗り直し必須。最低限、シミのできやすい頬骨付近だけでも必ず塗り直しましょう。
 
また、メイクの上から日焼け止めを塗り直すとファンデーションがヨレてしまう等の問題が出てくると思います。
 
理想的な方法は、乳液を含ませたコットンを使って一旦メイクを拭きとってから塗り直すこと。日焼け止め効果がアップするだけでなく、肌の透明感を蘇らせることができるのでおすすめです。
 
しかし、現実は大げさなメイク直しができないという場合が多いですよね。そんな時は、日焼け止め効果のあるパウダーを活用するのがおすすめ。フェイスパウダーなら、手軽に日焼け止めを塗り直すことができます。
 
ただし、むやみに重ねすぎるのは、敏感肌さんには負担に繋がる可能性があるので注意!
 

おすすめのオーガニック日焼け止め

敏感肌の私が成分をチェックした上で、敏感肌でも安心して使える日焼け止めを厳選しました。
 
注意して欲しいのは、人によっては天然成分でもアレルギーが起きてしまう可能性。使用前には必ずパッチテストを行ってくださいね。
 

◆ 24hコスメ UVベースローション

24hコスメ UVベースローション

 
SPF15 PA++
 
乳液代わりにもなる日焼け止め化粧下地。肌に優しいことを1番に考えて作られる24hコスメの日焼け止めは、もちろん紫外線吸収剤不使用。天然ミネラルのみを使って紫外線をカットします。
 
さらに、ブドウ種子脂・シャクヤクエキス・ボタンエキス・ショウブ根エキスなど保湿効果の高い天然成分がたっぷり。ほんのり色が付いているため、白浮きしないところもポイント。
 
ノンケミカル処方なので石鹸で簡単オフ♪
 

 
◆ ソレオオーガニックス 無添加 日焼け止め

ソレオオーガニックス 無添加 日焼け止め

 
SPF30+ PA++
ウォータープルーフ
 
オーガニック植物と天然由来成分のみで作られた日焼け止めクリーム。オーガニック先進国と呼ばれるオーストラリアで作られたソレオオーガニックスの日焼け止めは、肌にも環境にも優しいことで支持されています。
 
オーガニックの日焼け止めにありがちな白くならない透明感のあるつけ心地をソレオ独自の亜鉛技術により実現!もちろん石鹸で洗い落とせるノンケミカル処方。
 

 
◆ Larネオナチュラル UVホワイトプロ

Larネオナチュラル UVホワイトプロリニューアル版

SPF24 PA++
 
信頼度の高い国産オーガニックコスメブランド。個人的に私がスキンケア一式お世話になっているブランドです。
 
UVホワイトプロは、さらなる改良が行われ、オーガニックコスメの白浮きやベタつきを改善し、日焼け止め効果もアップ!さらっと軽い使用感で化粧下地としても優秀。
 
全成分について説明されているなど、敏感肌でも安心して使うことができます。天然成分の保湿効果がたっぷりなので、日中の乳液代わりに使ってもOK。もちろん石鹸でメイクオフ可能♪
 

 

 

◆ エトヴォス ミネラルSPFパウダー/SPF38PA+++

エトヴォス ミネラルSPFパウダー/SPF38PA+++

 
SPF38 PA+++
 
高い日焼け止め数値ながら、天然ミネラルのみで作られた肌に優しいUVパウダー。肌馴染みの良いアイボリーのパウダーは、白くなりすぎずに肌を綺麗に見せてくれます。
 
ミネラルファンデーションの下地や仕上げパウダーとしても活用できるので使い勝手◎。メイク直しが手軽にできるパフ一体型なら、こまめに行いたい日焼け止め効果アップもストレスなく行えます。ノンケミカル処方なので石鹸で簡単オフ♪
 

 
◆ エトヴォス ミネラルシルキーベール/SPF20PA++

エトヴォス ミネラルシルキーベール/SPF20PA++

 
SPF20 PA++
 
プレストタイプの仕上げパウダー。日焼け止めとしてだけでなく毛穴カバーに効果があります。テカりや化粧崩れ防止効果も優秀だと評判です。
 
豊富な美容成分が配合されていて、メイクしながら肌を健やかに導きます。メイク直しに重ねても厚塗りにならず、綺麗な肌を蘇らせてくれる魔法のパウダー♪こちらも、もちろん石鹸でメイクオフできます。
 

 
◆ ママバター フェイスパウダー ナチュラル SPF25 PA++

ママバター フェイスパウダー ナチュラル SPF25 PA++

SPF25 PA++
 
シアバターを5%も配合したミネラルフェイスパウダー。1日中乾燥しないパウダーで、天然ミネラルの微粒子が肌のキメを整えながらUVケアしてくれます。
 
輝きとツヤ感を与えるクリアタイプと、ほのかに色付き肌色を調整するナチュラルタイプの2色展開。好みによって仕上がりを選べるところが◎。
 
ふわふわのパフが心地よく、粉のフィット感も高いと人気。ノンケミカル処方で、石鹸で簡単にメイクオフできます。
 

 
◆ Larネオナチュラル UVフェイスパウダー

Larネオナチュラル UVフェイスパウダー

<ナチュラルオークル>SPF30・PA++
<ライトオークル ラメ入り>SPF28・PA++
 
テカり・くすみを防ぎながらサラサラの肌作りをしてくれるUVパウダー。小じわ・毛穴もカバーしつつ、キメの整った透明感のある肌を実現します。
 
ライトオークルは少しラメ入りで、色白向け。ナチュラルオークルはラメなしで標準的な肌向け。同ブランドのUVホワイトプロとの併用で紫外線対策も万全に!ノンケミカル処方なので石鹸で落とすことが可能。
 

 

敏感肌だからこそ紫外線対策は万全に

肌が弱い・敏感肌で、メイク用品全部合わないから、メイクや日焼け止めすら諦めてしまいたくなる気持ちはよく分かります。
 
でも、肌バリアの弱い敏感肌だからこそ、紫外線対策は万全にすべき。でないと敏感肌はますます悪化してしまいます。
 
合うものがないと諦めずに成分表と睨めっこしてベストのものを探しましょう。オーガニックコスメも日々進化しているので、コレだというものにきっと出会えるはず。
 
未来の肌のために、肌に優しい日焼け止めで紫外線の季節を乗り切りましょうね!ぜひ、ご参考にしてみてください♪

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...