【無料で取れる美容系資格その2】化粧品基礎検定ってどんな資格?

ろみこ
こんにちは!女子力を取り戻すために資格取得に燃えているろみこです!

男職場で体を動かす仕事をしている私にとって、メイクは休日たまーにしかしないもの。
 
せめて素肌は綺麗になりたいと思い勉強する中で、無料の資格を受ければ知識も資格も手に入って一石二鳥!と思い、2つの資格を取得しました。
 
それが化粧品基礎検定(コスメマイスター・ライト)と日本化粧品検定3級です。
 
前回の記事では、日本化粧品検定3級のWEB受験について書かせていただきました。
⇒【無料で取れる美容系資格】日本化粧品検定3級を受けてみた!
 
今回は化粧品基礎検定(コスメマイスター・ライト)の受験レビューや勉強法、ほかの等級も含めた概要についてご紹介していきますね!

化粧品基礎検定ってどんな資格なの?

化粧品基礎検定は別名「コスメマイスター・ライト」
 
恐らくコスメマイスター・ライトという名称の方がメジャーだと思います。
 
化粧品基礎検定は日本コスメティック協会が主催する検定資格となっており、美容好きから美容を仕事にしている方まで幅広く受験されている資格のひとつです。

化粧品やスキンケアの基礎を学べる資格!

化粧品基礎検定はその名の通り、化粧品の成分や効果の基礎的な部分、肌の仕組みやトラブル対策の基礎知識などを問います。
 
美容を科学としてとらえた「美容学」を体系的に学び、習得してもらおうというのがコスメマイスター、コスメマイスター・ライトの目的になっています。
 
今までに肌トラブルに遭遇し、改善するために詳しく調べていた内容があれば、勉強をしなくても解ける問題もあります。
 
しかし、自分の肌質と異なるジャンルの問いや、なかなか一般的に気にして調べるようなことでない問題については、しっかりと学習していかないと合格するのは難しいです。
 
試験範囲としてはそこまで広くはないものの、入門資格としては深い内容の問題が出されるので、要点を抑えて学習していく必要があります。

普段の生活から仕事への活用まで幅広く使える!

化粧品基礎検定で得られる知識は基本的なものとはいえ、やはりプロを目指す上でのベースとなるものになっています。
 
自分のスキンケアへの意識も変わっていきますし、あまり知識のない方へ有用な情報を提供することもできます。
 
コスメマイスター・ライトであっても、仕事で通用する知識は十分に習得可能です。
 
ただし、「プロ」の肩書きを得るために資格名を公表して情報発信や商品紹介をする立場となる場合は、上級資格を目指していく必要があります。

化粧品基礎検定はこんな方におすすめ!

化粧品基礎検定は以下のような方におすすめです。

●自分のスキンケアを見直したい!
 
●化粧品や肌に関する基礎知識を身につけたい!
 
●今後、美容ライターなどの情報発信をしていきたい!
 
●上級資格の受験に向けて練習問題として活用したい!
ろみこ
美容系・化粧品系企業に勤める場合も、フリーで活動をしていく場合にも、取得しておいて損はない資格になっていますよ!

化粧品基礎検定の内容は?

化粧品基礎検定には受験資格は特にありません。
 
また、上級資格をいきなり受けるのも可能です。
 
手軽に無料で受験できる化粧品基礎検定を「とりあえず受けてみる」というのももちろんOKです。
 
仕事で必要という場合には、最初から上級資格を受けることになるでしょう。
 
化粧品基礎検定を含む日本コスメティック協会の検定資格は、すべてWEB受験が可能となっています。
 
企業や学校などが申し込む団体受験の場合は会場で行われますが、個人で受ける場合はWEBでの受験になるので、自分のタイミングで受けることができます。

化粧品基礎検定以外にはどんな等級があるの?

今回は化粧品基礎検定(コスメマイスター・ライト)を取り上げていますが、上級資格となる等級も存在します。
 
それぞれの概要をご紹介していきましょう。

化粧品基礎検定(コスメマイスター・ライト)
一般消費者として正しい化粧品の選び方・使い方を理解しよう!
●化粧品に興味がある人・自身がキレイになりたい人、基本的な化粧品やスキンケアの知識を習得したい方向け
 
■試験場所:WEB試験
■試験方法:全25問 2択式
■合格基準:正解率 80%以上
■受験費用:無料
化粧品検定(コスメマイスター)
化粧品業界に必要な総合的な専門知識を得よう!
●化粧品関連業務に携わる方、化粧品業界で働きたい方、コスメの総合的な知識を習得したい方向け
 
■試験場所:WEB試験
■試験方法:全50問 3択式 45分
■合格基準:正解率 80%以上
■受験費用:5,000円(税別)
化粧品・美容総合検定(スキンケアマイスター)
美容業界全般に必要な総合的に専門知識を得よう!
●美容関連業界に携わる方、美容業界で働きたい方、スキンケアの総合的な知識を習得したい方向け

■試験場所:WEB試験
■試験方法:全50問 3択式 45分
■合格基準:正解率 80%以上
■受験費用:5,000円(税別)

コスメマイスターとスキンケアマイスターを取得した希望者の中から、審査を経て認定される「インストラクター」の資格もあります。
 
認定を受けるには一般応募する方法と協会理事2名以上からの推薦を受ける方法があります。
 
一般応募の概要は以下のとおりです。

協会認定指導員(インストラクター)
《一般応募》
●受験資格①コスメマイスター、スキンケアマイスターの両資格を有する
     ②化粧品学、美容学に関して幅広く深い知識を有し、美容、医療の領域において指導的立場の経験を有する
     ③当協会の活動趣旨を十分理解してその活動への貢献が期待できる
●選考:選考は年3回(2月、6月、10月)前月20日までの申込分を審査      
■応募方法:所定の申込用紙、職務経歴書、応募動機(600字以内)を提出
■審査費用:7,000円(税別)
■選考方法:一次審査(インストラクター認定委員会にて書類審査)
      二次審査(一次審査通過者に対して面接試験)
■登録費用:30,000円(税別)
     ※認定カード・認定証発行手数料含む

受験費用や認定証のお支払い方法は?

試験に合格すると認定カードと認定証を有料で発行できます。
 
私は認定カードのみ発行してもらいました。
 
認定カード、認定証の登録発行手数料は、それぞれ3,000円(税別)です。

受験料や登録手数料のお支払い方法は以下のとおりです。

《お支払い方法》
●クレジットカード(VISA/Master)
●コンビニ(セブンイレブン以外)
●携帯決済(docomoのみ)

どんな人が受験してるの?

化粧品基礎検定は、主に化粧品業界・美容業界の方が受験されています。

化粧品・美容商品・美容サービスの企業に勤め、部下の教育などのために受験される男性も多くいることがわかりますね。
 
一方のスキンケアマイスターは、美容系職種の女性がメインの受験者層で、実際にお客様へ施術を行うエステティシャンなどが多くなっています。
 
同じ美容系の仕事であっても、より自分の職業に適した内容の資格を選べることも日本コスメティック協会の検定ならではです。

どれを受けるか迷ったら…

化粧品基礎検定、化粧品検定、美容総合検定と3種類の資格に分かれていると、どれを受ければよいか迷うという方もいらっしゃるでしょう。
 
そんなときは以下を参考にしてみてください。

《化粧品基礎検定がおすすめな方》
 
●これから美容の知識をつけていきたい
●職種までは決まっていないが、いずれは美容関係の仕事についてみたい
●無料で受験したい
●子育ての間だけライターなどの副業をしたい
《化粧品検定がおすすめな方》
 
●美容部員など、化粧品の販売や提案がメインの仕事に就いている。就きたい。
●化粧品が好きで成分などを理解して選べるようになりたい。
●成分や関係法規など幅広く化粧品の知識をつけたい。
《スキンケアマイスターがおすすめな方》
 
●エスティシャンやセラピストなど自分の手でお客様の肌へ施術する仕事をしている。したい。
●自分のスキンケア方法を根本から見直すための知識をつけたい。
●科学的根拠を元に一人ひとりの肌に適した化粧品を導き出せるようになりたい

体験レビュー!コスメマイスター・ライトを受けてみた!

それでは、私も実際にコスメマイスター・ライトのweb試験を受験しましたので、理由や申込方法などをご紹介していきます!

私が化粧品基礎検定を受けた理由

私が化粧品基礎検定(コスメマイスター・ライト)を受けた理由はやっぱり

●無料で受けられる!
 
●web受験ができる!
 
●不合格でも再挑戦できる!

という3点がポイントでした。
 
前回の日本化粧品検定の記事を読んでくださった方からは「またかよ(笑)」と思われてしまいそうですが、この「いつでもどこでも無料で受験OK」ということの手軽さは強いです。
 
通常の資格試験は年に数回の受験日のために勉強をして申し込みをして料金を支払い、当日会場に出向くという様々な工程が発生しますが、WEB受験にはそれが必要ありません。
 
それだけ受験に対するハードルを下げてくれているので、これは受けなくては!と思い、受験しました。

化粧品基礎検定は難しい?

化粧品基礎検定の内容は、少し勉強が必要なレベルです。
 
普段肌トラブルに見舞われた時に色々と調べているという方でも、自分にあまり関係の無い部分をしっかりとカバーしておく必要があります。
 
化粧品に関する法律や成分の効果などの問題では、やや深い知識を問われます。
 
でも、しっかりと対策して効率的に勉強していけば、必ず合格できますよ!

化粧品基礎検定にはこんな問題が出る!

化粧品基礎検定の例題をご紹介します!あなたは解けるでしょうか?

「このくらいわかる!」というものから「これはどうだろう・・・」「どっちだったっけ?」というような内容まで出題されます。
 
少し確認すればわかる問題が多いので、テキストを買わずに勉強するという方も、一発合格は無理でも複数回の受験で合格することは十分に可能です。

化粧品基礎検定の申し込み方法

それでは、化粧品基礎検定の申込の流れをご紹介していきます。

日本コスメティック協会HPへアクセス!
 
②水色の「化粧品基礎検定 コスメマイスター・ライト 詳しくはこちら」をクリック
 
③「お申込はこちらから」のボタンをクリック
 
④初めての方は「新規登録」再受験の方は「ログインして申し込み」をクリック
 
⑤登録情報を入力する
・氏名、フリガナ
・メールアドレス
・パスワード
・性別
・職業
・生年月日
・郵便番号、住所
・連絡先電話番号
 
⑥個人情報の取り扱いに同意してチェックを入れる
 
⑦お支払い方法を選択(コスメマイスター・ライトは無料です。)
 
⑧確認画面へ進む
 
⑨登録
 
⑩受験開始をクリックして試験開始!
再受験をする場合
 
①「ログインして申込」を選ぶ。
 
②メニューの中の「検定一覧」を選択。
 
③「○コスメマイスター・ライト(1回目)」をクリックすると、検定結果と再受験申込ボタンが表示されます!

化粧品基礎検定のオススメ勉強法

化粧品基礎検定の勉強法は大きくわけて2つです。

●コスメマイスター・ライトを数回受験し、問題の傾向や正答を覚えて対策していく

●公式テキストを購入して勉強する

コスメマイスター・ライトだけを取りたい方は?

コスメマイスター・ライトだけを取りたい方は、1つめの何回かweb受験に挑戦するのが最も効率的です。
 
公式テキストは「コスメマイスター」「スキンケアマイスター」の内容を複合的に学習することになります。
 
そうなると、上級資格を受けることが決まっていない場合は、根気よく再受験をしながら問題の傾向、問題の正答を確認し、必要に応じて何故そうなるかを調べるといった勉強の仕方で十分です。
 
公式テキストは1冊3,000円前後するので、せっかくテキストを購入して受験するのであれば、コスメマイスターやスキンケアマイスターを目指して頂いた方がいいかなと思います。

コスメマイスター、スキンケアマイスターも取りたい方は?

コスメマイスター、スキンケアマイスターも今後取得を視野に入れている方は、公式テキストを購入しましょう。

それぞれの内容が1冊にまとまっているので、全体的に学習することができます。
 
2種類ありますが、おすすめは公式テキストQ&Aです。
 
検定試験参考図書は、より深い理解をするための参考書になっているので、コスメマイスター、スキンケアマイスターの取得後にインストラクター資格を目指す方向けのテキストです。
 
コスメマイスターやスキンケアマイスターの内容は公式テキストQ&Aで十分に理解できます。
 
コスメマイスター・ライトのweb受験を模擬試験や練習問題として取り入れると、問題の出方や要点となるポイントがわかりやすくなるでしょう。
 
⇒公式テキストの購入はこちらから

化粧品基礎検定を取得して美容の知識を正そう!

化粧品基礎検定についてご紹介してきました。

ろみこ
コスメマイスター・ライトの内容は他の等級に直結する内容で、ステップアップの第一歩には最適な資格です!

仕事のために企業単位で受験している会社もあるほどで、化粧品や美容に関するプロ向けの知識を身につけられる化粧品基礎検定。
 
コスメマイスター・ライトだけでなく、コスメマイスター、スキンケアマイスターもWEB受験ができるので、上級資格へのチャレンジもしやすくなっています。
 
「なにか美容系の取りやすい資格、ないかな~」と思っていた方はぜひ受験を検討してみてくださいね!

ろみこ

書いた人:

女子力を取り戻そうと奮闘するプチプラ・コスパ重視のアラサーです。 アパレル店員として5年勤務。その後、事務職を経て3月から車のコーティングの仕事をしています。本当に最近は車ばかりで女性らしさ皆無になっていたので、美容ライターをはじました。 車のお肌のことは詳しいのですが人間のお肌のことは猛勉強中です・・・(笑)。 近所に駅ビルや百貨店がないのでドラッグストアとネット通販に助けられています。LIPSアカウント→https://lipscosme.com/users/2698597

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...