【Q.】パッチテストとは?正しいやり方を教えて!

(更新日 )

化粧品にはどれも必ずと言っていいほど、「パッチテストをしてから使用してください」と注意書きがしてあります。
基本の知識ですが、パッチテストを行わない人や、正しいやり方を知らない人も多いようです。

そこで今回は、メイクの基礎知識ともいえる「パッチテスト」のやり方について詳しくまとめました。

目次
 
パッチテストとは?
アレルギーの原因
パッチテストのやり方
化粧品別のパッチテストのやり方
パッチテストの注意
まとめ

パッチテストとは?

322dcf96e1831dfca650f15e12fb6392_s

パッチテストとは、薬品を使う際に自分の肌に合っているかどうかをテストすることを言います。主に化粧品や、カラー剤、スキンケア用品など、薬剤を使う前に使用します。
化粧品に含まれる薬品と相性が合わず、肌トラブルが発生してしまったということも多いと思います。

その肌トラブルを回避するために、実際に使用する前に、皮膚の状態をチェックしてアレルギーの有無を確認する重要な工程なのです。

アレルギーの原因

パッチテストは、“アレルギー性の接触皮膚炎”を引き起こす成分が含まれていないかどうかを調べます。接触皮膚炎には、赤みやかゆみ、かぶれなどの症状がでます。

その原因についてあげられるのは、3つです。

・アレルギー体質であること
・かぶれやすい成分が含まれている
・体調が悪い時期

一番のポイントは、アレルギー体質ではない人も、突然アレルギー体質になる可能性もあるということです。

また、女性は生理の時にホルモンバランスが乱れ、肌が敏感になる場合があります。使ったことのある化粧品でもパッチテストをすることが肌トラブルを事前に防ぐ方法なのです。

パッチテストのやり方

そんなパッチテストのやり方を説明します。基本的なやり方で簡単にできるパッチテストです。

①化粧品を二の腕や太ももなどの柔らかい肌の部分に塗ります。
(使用量の目安は、10円玉くらいです。)

220871

②そのまま24時間放置して、赤みやかゆみの反応をチェックします。反応がなければ④へ。

③反応がなければ、フェイスラインなどに塗って反応がないか再確認します。

466281

③それでも、反応がなければその化粧品を使用しても大丈夫ということです。

化粧品別のパッチテスト

基本のやり方は、上記の通りですが、化粧品によって変える方法もあります。化粧品別にチェックしてみてください。

【化粧水・乳液・口紅】

①直接、絆創膏のガーゼ部分に化粧品を塗ります。
(液体状のものであれば、スポイトや綿棒などを使って染み込ませてください。)

381630

②絆創膏をそのまま肌に張りつけます。
(二の腕や太ももなど皮膚の柔らかいところに貼り付けてください。)

bansoukou

③2日後、絆創膏を剥がして、反応をチェックします。赤みやかゆみ、かぶれなどの症状が出なければ④へ。

③翌日も、反応がなければ問題はないということです。

【クレンジング・石鹸】

①クレンジングや石鹸を精製水や蒸留水で薄めます。
(洗い流すタイプは、10~20倍に薄めてください。)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

②薄めたものを絆創膏のガーゼ部分に直接塗ります。
(液体状のものであれば、スポイトや綿棒などを使って染み込ませてください。)

381630111

③絆創膏をそのまま肌に貼り付けます。
(二の腕や太ももなど皮膚の柔らかいところに貼り付けてください。)

bansoukou

④2日後、絆創膏を剥がして、反応をチェックします。赤みやかゆみ、かぶれなどの症状が出なければ④へ。

⑤翌日も、反応がなければ問題はないということです。

【除去クリーム】

①二の腕や太ももに直接に塗ります。
(使用量の目安は、500円玉くらいです。)

22087111222

②20分後に拭き取ります。

③反応がなければ使っても大丈夫ということです。

パッチテストの注意

紹介したパッチテストは、簡易的なもので100%ではありません。

生理中や、体調が悪い時には肌が敏感になりやすく、アレルギー反応の確認がしにくくなります。生理後一週間以上たってからパッチテストを行ってください。

吹き出物や肌荒れをしている時には、悪化するおそれがあります。正常な肌に戻ってからパッチテストを行ってください。

簡易なパッチテストでは、成分までは特定できません。もし反応がでた場合は、病院でパッチテストをして、アレルギー反応のある成分を知っておくと良いでしょう。

※反応がでた場合は、一度病院で確認するのをおすすめします。病院では、絆創膏のようなもので試薬を張って行う方法です。

まとめ

いかかだったでしょうか?
なかなかしないことの多いパッチテストですが、肌を守るだめの大切な工程です。化粧品ごとによって変える方法もぜひ試してみて下さい♪

肌トラブルを防ぎ、健康な肌でメイクを楽しみましょう。

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...