脂性肌によるメイク崩れを防止!化粧持ちが良くなるメイク方法☆

(更新日 )

girl-97433_1280

テカりや、べたつきが特徴的な脂性肌(オイリー肌)。
脂性肌の女性の大きな悩みとしてあげられるのは、化粧が崩れやすいこと。
 
ファンデーションの浮きや、マスカラやアイライナーなどが滲んできたり、一日に何度も化粧室に行かなければいけないのはとても大変です。
 
今回は、脂性肌(オイリー肌)に向けた化粧崩れしにくくなるメイク法やスキンケア、化粧直しなどをまとめて紹介します。

目次
 
化粧崩れが悩みの脂性肌
メイク前のスキンケアで変わる化粧ノリ
 ・ しっかりと保湿する
 ・ スキンケアは手で染み込ませる
 ・ Tゾーンの乳液は少なめに
 ・ 脂性肌の人におすすめ!オルビスアクアフォース
脂性肌向け!ベースメイクのやり方
 ・ 脂性肌の人におすすめ!ミネラルファンデーション
アイメイクの持ちをアップするコツ
 ・ ウォータプルーフのアイライナー、マスカラはNG!
 ・ 脂性肌おすすめは「フィルムタイプ」
元通りのメイクになる化粧直しのコツ☆
 ・ あぶらとり紙ではなくティッシュでオフ
 ・ メイク落としでリセットする
 ・ 化粧水で潤いを与える
まとめ

化粧崩れが悩みの脂性肌

他の肌質に比べてべたつきやテカリがある脂性肌は、化粧崩れしやすく化粧のノリも悪い…。メイクが欠かせない女性にとってはとても大きな悩みです。 
 
具体的にあげてみると…

✔ ファンデーションが浮いてくる
✔ 化粧直しの回数が多い
✔ Tゾーンがテカリやすい
✔ アイライナーが滲みやすい
✔ マスカラが滲みやすい

どれも脂性肌のメカニズムともいえる皮脂の過激な分泌が原因で、このような化粧崩れが起きてることがほとんど。
そんな化粧崩れの悩みを解決するには、どのような方法があるのでしょうか。

メイク前のスキンケアで変わる化粧ノリ

まずは、化粧前のスキンケア!メイクの土台ともなる重要な工程です。
どんなに良い化粧品を使うことよりも、肌質を改善することが一番最善の方法☆スキンケアで気を付けるポイントは3つ。

pretty-woman-635258_1920

しっかりと保湿する

脂性肌さんに重要なのは「保湿」です。
お肌の内側が乾燥状態にあると、皮脂の分泌を増やしてしまう傾向があります。保湿力の高いスキンケアでメイク前にもお肌へ潤いを与えましょう。
 
保湿力が高い成分は「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」などがあります。3つの成分が含まれているスキンケアを選ぶと良いでしょう。

スキンケアは手で染み込ませる

もうひとつのポイントは、スキンケアを浸透させることです。
乳液後、べたつきが残っているままだと、ファンデーションの馴染みが悪くなり、充分に保湿されていない可能性もあります。
 
手でこすったり、触り過ぎるのは肌に刺激を与えてしまうのでNGです!手で包み込むように浸透させましょう。

Tゾーンの乳液は少なめに

皮脂が多いTゾーンなどは、乳液を少なめにつけることで、テカりが少なくなります。
スキンケアをしっかりと浸透させても、べた付つきが残る場合は軽くティッシュオフすることがおすすめ☆
 
あくまでも余分なべたつきを抑え込むだけ!拭き取りすぎには注意してください。


ノブACアクティブは、脂性肌の悩みテカリやべたつきを抑えてくれる効果があるので、化粧崩れしにくい肌環境を整えてくれるスキンケアに最適です。
さらに、大人ニキビにも効果的◎実際に、生理前後に出来ていたニキビも改善してくれました!
 
また、女性にとって嬉しい美容効果もあり、保湿力に優れた「ヒアルロン酸・セラミド+リピュア」や、肌に良いといわれる「ビタミンC」が配合☆
 
初めての人がお手頃な価格で試せるトライアルキット(1週間分)もあるので、手に届きやすいスキンケアです。
 
ノブACアクティブのトライアルキットを試した体験レビューを参考にどうぞ。

脂性肌向け!ベースメイクのやり方

メイクの中でも、化粧崩れしやすいのがやはりベースメイク!
 
そこで化粧崩れの元となる脂っぽさを抑える脂性肌向けのベースメイクのやり方を紹介☆
化粧崩れ防止に繋がるポイントもぜひ抑えてくださいね♪
 

【ベースメイク手順】
①日焼け止め・化粧下地

166176

スキンケアをしたあと、まずは紫外線から肌を守るために日焼け止めを塗ります。次に化粧下地を適量とり、手の平全体で肌全体に広げていきます。鼻や口元など細かい部分は、指先で馴染ませていきましょう。

※化粧下地を厚くのせてしまうと、肌の油分量が増えてしまいます。薄く均一に伸ばすことがポイントです。油分が多い場合は、化粧下地を塗った後にもう一度ティッシュオフをしておくと良いでしょう。

 ↓

【ベースメイク手順】
②ファンデーション

201666

ファンデーションも、化粧下地と同じように、薄くのせていきます。通常よりも少なめにすることで化粧持ちがアップします。

※ファンデーションでカバーしようとすると厚塗りになってしまうので、隠したい部分はコンシーラーを使いましょう。そうすることで厚塗りを防ぐことが出来ます。

 ↓

【ベースメイク手順】
③フェイスパウダー(リキッドタイプのみ使用)

187494

仕上げにフェィスパウダーをふんわりのせていきます。

※仕上げのフェイスパウダーは、ファンデーションの種類によって使用してください。パウダータイプのファンデーションは使わなくてもOK☆リキッドタイプの場合のみ使うことをおすすめします。
image1

ビューティフルスキンのトライアルキットを体験レビュー
 
脂性肌の人は、特に肌へ刺激があることに敏感になっています。皮脂が多く発生することに繋がってしまうので、ファンデーションは肌への負担が少ないものがベスト☆
 
尚且つ、油分が少ない、さらっとしたタイプのファンデーションがおすすめです!
 
そこでおすすめなのは、ミネラル100%のミネラルファンデーション。
油分が少なく肌への負担も少ないミネラルファンデーションは脂性肌の人にはピッタリです。
 
ドレッサー管理人が実際に試してみてランキング形式で紹介しているので、よかったらご参考にどうぞ♪

アイメイクの持ちをアップするコツ

アイラインの化粧持ちをアップするには、アイラインを引く前のちょっとした工夫をすることがポイントです。

【アイメイクする前の工夫】
①パウダーファンデーションを目元まできちんとのせること。

354019
※ベースメイクの仕上げに使うパウダーファンデーションですが、目元まできちんとのっていないことがあります。瞼にまでしっかりとのせることで、アイメイクの化粧持ちもアップします。

 
②アイメイクをする前に綿棒などで皮脂を取りくこと。

3540190
※ティッシュオフだけでなく、綿棒などで目元の皮脂も取り除いてあげることで、滲みにくくなります。

アイラインが滲んでしまいがちの脂性肌。
だからといって、ウォータープルーフの化粧品を使うのNGです。
ウォータプルーフは、水に強いのは確かですが、皮脂にも強いというわけではありません。さらに、肌へ刺激のある成分が含まれているものもあり、肌荒れの原因にも。
 
ウォータープルーフによる肌荒れに☆その原因と解決方法とは?

脂性肌におすすめのアイライナー、マスカラは「フィルムタイプ」。
フィルムタイプは、乾くと断水性フィルムを形成するため、皮脂と混じり合うことなく滲みにくいのが特徴です。また、お湯で落ちるので肌への負担も少なくすみます。

image
■クリニーク ラッシュパワーマスカラ ロングウェアリングフォーミュラ
 
標準価格:3,780円(税込)
 ↓
コスメリンク価格:2,360円(税込)

image-1
■アナスイ リキッドアイライナー
 
標準価格:2,700円(税込)
 ↓
コスメリンク価格:1,760円(税込)

 

■コスメリンクについて■

多数の海外のコスメブランドを取り扱っているおすすめの通販サイトです。
コスメリンクは、海外からダイレクトに輸入しているため、通常より低価格で買うことができるお得なサイトです。

元通りのメイクになる化粧直しのコツ☆

化粧崩れしやすい脂性肌の人には、化粧直しはかかせません。
一度崩れてしまったメイクは、上からファンデーションを重ねてもなかなか元通りにはなりません。さらに、時間がたつと脂っぽさが増してくるので、脂性肌の人にとって化粧直しは難点です。
 
そこで、脂性肌の人向けの化粧直しの要点を抑えてみました!

vintage-635244_1280

あぶらとり紙ではなくティッシュでオフ

脂性肌の人にかかせないのが、「あぶらとり紙」。
しかし、あぶらとり紙は肌に必要な水分まで吸収してしまいます。そのため、油分を取り除いたつもりが、反対に皮脂の分泌を増やしてしまう原因になってしまいます。
 
メイク直しの時に油分を取り除くときには、ティッシュがおすすめ!
とても身近なものですが、適度に皮脂や汗を取り除いてくれるので最適です◎水に濡らしたり、化粧水をつけて使用するのがベスト!
 
あぶらとり紙がテカリの原因に!?意外と知らない正しい使い方

メイク落としでリセットする

メイク崩れしている肌に上からファンデーションを重ねても、上手くのらないというときは、拭き取りタイプのメイク落としで軽く落とす方法もあります。
拭き取りタイプだと持ち運びにも便利で、バシャバシャと水で洗わずに簡単にメイクオフできるので時間もかかりません。
 
Tゾーンや頬などテカりがある場合のみ落として、メイク直しをするのも◎一度リセットすることで肌へのノリもよくなります。

化粧水で潤いを与える

肌が潤っているとファンデーションのノリも良くなるものです。
化粧水で一度潤いを与え、ティッシュで軽く拭き取ってから化粧直しをする簡単な方法ですが、効果は絶大。
 
外出先などには、持ち運びにも便利なスプレータイプがおすすめ☆

220900

ミストのように出てくるので顔全体にも行き渡りやすく、肌が水浸しになる心配もなし!
お近くの100均でお手頃に買えちゃいます♪

まとめ

脂性肌で悩みは、テカリやべたつきです。毛穴やシミなどカバーできる肌悩みに比べて、テカリはなかなかカバーできないものです。
今回は、そんな脂性肌の人に向けた崩れにくいメイク方法を紹介しました!
 
脂性肌の原因や、メカニズム改善方法などもまとめている下記の記事もぜひチェックしてみてください。
 

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...