簡単綺麗!一重&奥二重さんのためのアイメイクのやり方

(更新日 )

簡単綺麗!一重&奥二重さんのためのアイメイクのやり方

雑誌通りにアイメイクをしても、全然思い通りにならないとお悩みの一重&奥二重さん。私も腫れぼったい瞼に悩む奥二重なので、とても気持ちが分かります。
 
大事なのは、自分の目に合ったアイメイクをすること。
雑誌通りのアイメイクは、ぱっちり二重のモデルさんには似合っても、元が違えばその通りにはいきません。悲しいですが…。
 
今回は、アイメイクが思い通りにならないと悩んでいる一重&奥二重さんのためのアイメイクのやり方をご紹介します!
 
⇒ 【メイクの方法】の記事一覧をCheck!
 

目次
 
一重&奥二重さんのアイメイクの悩み
アイメイクの順番
1)ビューラーのやり方
2,3)アイシャドウ&アイラインの塗り方
 ・ 2,3)一重さんのアイメイクのやり方
 ・ 2,3)奥二重さんのアイメイクのやり方
4)マスカラの塗り方
 ・ 4)一重さんのアイメイクのやり方
 ・ 4)奥二重さんのアイメイクのやり方
まつげを長く濃くする“マツ育”アイテムで目力UP
一重&二重さんも可愛い目元に大変身!

 

一重&奥二重さんのアイメイクの悩み

アイメイクのやり方をご紹介する前に、一重&奥二重さんのそれぞれのアイメイクにおける悩みをチェック✔
 

【一重さんの悩み】
 
□ 目が細い
□ 瞼が腫れぼったい
□ アイメイクをしても変わらない
□ まつげカールがすぐ落ちやすい
□ つり目に見える

 

【奥二重さんの悩み】
 
□ 目が小さい
□ 瞼が腫れぼったい
□ アイメイクをすると余計に目が小さく見える
□ まつげカールがすぐ落ちやすい
□ すっぴんだと地味

 
まさに、奥二重の悩みすべてに該当する私です…。これらを踏まえた上で、悩みをカバーするアイメイクの方法をマスターしましょう。
 

アイメイクの順番

アイメイクをするときに最初悩むのが順番だと思います。ほとんどの人が自己流のまま、間違った順番でアイメイクしているのではないでしょうか。
 
より簡単に綺麗なアイメイクを作るためには、下記の順番がおすすめです。

1.[ビューラー]
    ↓
2.[アイシャドウ]
    ↓
3.[アイライン]
    ↓
4.[マスカラ]

アイメイクの順番通りに、それぞれのやり方をご紹介します。
 

1)ビューラーのやり方

まずは「ビューラー」でまつげをカールしていきます。
基本となるやり方は、ビューラーを瞼に密着させ、まつげの根元を挟み込んでまつげを上向きにします。
 
一番初めに行う理由は、アイシャドウ・アイラインなどのあとにしてしまうと、ビューラーが当たってアイメイクが崩れてしまうからです。そのため、ビューラーは最初にしておくと◎。
 
もうひとつ注意したいのが、カールが足りないからとマスカラのあとにビューラーをするのはやめましょう。せっかく綺麗に塗ったマスカラが取れる上に、まつげが束っぽく固まってしまいます。
 
また、一重&奥二重さんはカールが落ちやすいため、ドライヤーで温めたビューラーを使ってカールさせるのがおすすめです。カールがしやすく、持ちがアップします。

*使用するもの
・ ビューラー
・ ドライヤー

 

★アイメイクの手順

 

2,3)アイシャドウ&アイラインの塗り方

<

腫れぼったい瞼が悩みの一重&奥二重さんにおすすめのアイシャドウは、マット~パール感が控えめのもの。パールが強いと瞼が膨張され、余計に瞼が腫れぼったく見えてしまいます。
 
また、カラーもホワイトやピンクなどの膨張色は避けた方が無難。赤みのないブラウン系のアイシャドウがおすすめです。
 
さらに腫れぼったい瞼をカバーするために、引き締めカラーのブルーをアイシャドウベースに使用すると◎。アイホール全体にベースとして塗ると、瞼が引き締まってみえますよ。アイテムはライトカラー用のごく淡い色を選びましょう。
 

2,3)一重さんのアイメイクのやり方

一重さんのアイメイクのポイントは、目を開けたときにもきちんと見えるように、太めに入れるということ。一重さんは目のキワに入れたアイラインも、目を開けるとすべて瞼に隠れてしまいますよね。そのため、アイメイクをしても変わらないと悩む人が多いのです。
 
ここは思い切って、目を開けたときにきちんと見えるほど太~くアイラインとアイシャドウを入れましょう。
 
それでは目を閉じたときに不自然なのでは?という心配は、ブラックではなくブラウンのアイライナーとアイシャドウを使用することで解消させます。ブラウンなら太めに入れたとしても不自然になりませんよ。

*使用するもの
・ アイシャドウ(ブルーベース)
・ ペンシルアイライナー(ダークブラウン)
・ グラデーションアイシャドウ(ブラウン系)
・ リキッドアイライナー(ダークブラウン)

 

★アイメイクの手順

 

2,3)奥二重さんのアイメイクのやり方

奥二重さんのアイメイクのポイントは、目のキワを強調し、二重幅を残すこと。一重さんと違い、奥二重さんは目のキワが目立ちます。ここをアイラインで埋めることで目力アップさせましょう。
 
また、このとき注意したいのは二重の幅をアイラインや、濃いアイシャドウカラーで埋めてしまわないこと。アイラインを太く引いたり、濃いアイシャドウを塗ってしまうと、二重の幅が見えなくなり、余計に目を小さく仕上げてしまいます。
 
奥二重さんのアイメイクは、薄めのブラウンシャドウと、極細のアイラインでデカ目効果を狙いましょう

*使用するもの
・ ブルーのアイシャドウベース
・ 筆先が細いブラックのリキッドアイライナー
・ ブラウン系のアイシャドウ

 

★アイメイクの手順

 

4)マスカラの塗り方


マスカラはナチュラルに目ヂカラをアップさせてくれる重要なアイテム。
 
マスカラには【フィルムタイプ】と【ウォータープルーフ】があります。一重&奥二重さんには2タイプの重ね塗りがおすすめ
 
なぜかと言うと、フィルムタイプはお湯で落とせるため、瞼にマスカラが付いたときも綿棒などで拭き取りやすいです。腫れぼったい瞼だと、マスカラは特に瞼に付きやすいですよね。それをフィルムタイプでカバーします。
 
しかし、フィルムタイプのみだとカール力が弱いというデメリットが、もともとカールの落ちやすい一重&奥二重さんには辛い…。そこで、カール力キープ効果の高いウォータープルーフを重ねることでカバーします。
 
ウォータープルーフを単体で使うよりも、クレンジングのときはオフしやすくなるため、メリット・デメリットを程よく使い分けられますよ。
 

4)一重さんのアイメイクのやり方

奥二重さんよりもカールが落ちやすい一重さんは、カールマスカラ+ボリュームマスカラでぱっちり目を作ります。カールをつけて、ボリュームをアップさせることで目立ちにくいメイク感を際立たせましょう。
 

*使用するもの
・ ブラシ型のボリュームマスカラ(ウォータープルーフ)

・ ブラシ型のカールマスカラ(フィルムタイプ)

・ マスカラコームorスクリューブラシ

・ コーム型のホットビューラー

 

★アイメイクの手順

 

4)奥二重さんのアイメイクのやり方

まつげが奥まって短く見える奥二重さんには、ロングマスカラ+ボリュームマスカラでデカ目効果を狙います。
 
一重さんと違い、奥二重さんは根元からしっかり塗る必要があるため、根元から塗りやすい細いブラシ型やコーム型のブラシのものがおすすめです。
 

*使用するもの
・ コーム型or細いブラシ型のボリュームマスカラ
(ウォータープルーフ)

・ コーム型orコイル型のロングマスカラ
(フィルムタイプ)

・ マスカラコームorスクリューブラシ

・ コーム型のホットビューラー

 

★アイメイクの手順

まつげを長く濃くする“マツ育”アイテムで目力UP

アイメイクで一重&奥二重の悩みともいえるのが、まつげが目立ちにくいこと。
そもそもの土台となるまつげを長く濃くすることで、よりアイメイクの力が発揮されます。そこでおすすめなのが、近頃話題となっている“まつ育”。
今回は、新しいマツ育として登場した今注目のまつげ専用のサプリメントをご紹介していきます!
 
★まつげ専用サプリメント バンビウィンク


通常価格:2,700円(税込)
→定期コース初回価格:33%オフ1,890円(税込)

新しい「まつ育」として登場したまつ毛専用のサプリメントの「バンビウィンク」。
様々なメディアで紹介されている今注目のアイテムです。
 
まつげ美容液に含まれる「ビオチン(栄養機能食品)」と「ポリアミン」だけでなく、毛髪に必要なビタミン類も配合されているサプリメント。それらの成分がたっぷりと配合されているバンビウィンクは、まるでマツエクのように、まつげがフサフサになってくれると口コミでも評判です。
 
まつげ美容液のように、毎日塗る手間がめんどくさい…肌が弱い…という方には、最適なマツ育アイテム!お値段もお手頃なので、無理なく続けることができます♪

[バンビウィンクの特徴]
*1日3粒サッと飲むだけ
*ビオチン→まつげにハリやコシを与える
*ポリアミン→まつ毛のボリュームUP
*眉毛や髪の毛、爪にも効果有り
*肌かぶれが起こる心配がない

一重&二重さんも可愛い目元に大変身!

目元の悩みは女子にとって深刻…。腫れぼったい一重&奥二重のせいで、メイクでも変われない…と思っている人もいると思います。でも諦めずに、自分の目に合ったアイメイクをしっかり研究しましょう。
 
私も自分のコンプレックスを少しでもカバーするために、基本のメイク方法を元に試行錯誤しました。アイメイクをし続けていれば、こうすると自分の目は可愛くなる!というのが分かってきます。
 
まずは、今回紹介したアイメイクの方法をぜひ試してみてください♪
 
 
⇒ 【メイクの方法】の記事一覧をCheck!
 
⇒ アイシャドウランキング
 
⇒ リキッドアイライナーランキング
 
⇒ フィルムタイプのマスカラランキング

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...