可愛い色味が魅力のリップ☆ポール&ジョー リップスティックの口コミを検証&体験レビュー

2015/12/25 17:54

費用をかけるべきコスメとして、ベースメイクに次いで言われるのがリップメイク。
 
敏感肌の私はずっとリップクリームのみで過ごしてきましたが、年を重ねるごとに唇の色味が悪くなる悲しい現実に直面中。やはりリップメイクはすべきとの答えが出ました。
 
憧れのブランドコスメから口紅に挑戦!今回は、ポール&ジョーのリップスティックを試してみました。
 
口紅選びのご参考にどうぞ!
 

目次
 
ポール&ジョー リップスティック
ポール&ジョーの口紅 体験レビュー
ポール&ジョーの口紅 項目別評価
つけ心地・のび
発色・仕上がり
保湿・艶
色持ち・落ちにくさ
コスパ
カラーバリエ
ケース・持ち運び
ポール&ジョーの口紅 総合評価
ポール&ジョーの口紅 口コミ

 

ポール&ジョー リップスティック

ポール&ジョー ボーテ リップスティック

 
絶妙な色味と、豊富なカラー展開が人気のポール&ジョーのリップスティック。カラー展開は、番号ごとに仕上がりが異なる仕様で、欲しい口紅を選ぶにはとても分かりやすくて◎。
 

【100番台】
クリア。色やパールは薄付き、潤い重視のリップタイプ。
 
【200番台】
ナチュラル。シアーな発色で、透明感あるナチュラルな色づき、艶と潤いを与えるナチュラル仕上げ。
 
【300番台】
フルピグメント。発色重視のマット仕上げ。

 
今回私が選んだのは、302番レトロ:ピンクベージュ。オトナ女子に適した男ウケNo.1のカラーです。
 
さて、実際の効果のほどは?
 

ポール&ジョーの口紅 体験レビュー

ネットで注文してから、3日後に商品が到着しました。
 
やっぱりポール&ジョーのコスメは、可愛い!!見ているだけで気分が上がるようなデザインがたくさんあるので、大好きです。

ポール&ジョーリップスティック商品到着

選んだカラーは、302:レトロ。いわゆるピンクベージュです。
 
スティックの見た目からも、少しオレンジの入ったコーラルピンクといった感じですね。ベージュよりも、赤みの方が強い印象です。

ポール&ジョーリップスティック302レトロ

手の甲を使って発色を見てみました。このオレンジの入ったピンクベージュが可愛くて惚れましたよポール&ジョー!
 
けれど可愛すぎず、落ち着いた大人の可愛さを演出できそうなところが◎。

ポール&ジョーリップスティック可愛い色味

唇の仕上がりは、こんな感じ。

ポール&ジョーリップスティックbeforeafter

この色味の虜になる人が口コミで多数いた気持ち、とっても分かる!絶妙な色合いですね。
 
仕上がりはマットで、艶を出す効果はほとんどありません。300番台はしっかり口紅タイプなので、唇の調子が悪く荒れていたりすると綺麗に乗りません。日頃の保湿ケア、事前の下地などを気をつけてこそ、使える口紅です。
 
ポール&ジョーのリップスティックの最大の魅力は、色味と発色。とても可愛いです。人と差をつける絶妙なリップメイクをするなら、ポール&ジョーはとてもおすすめの口紅と言えます♪
 


 

ポール&ジョーの口紅 項目別評価

つけ心地・のび ★★★★

 
300番台のしっかり口紅タイプでも、つけ心地は軽く違和感がありません。マット仕上げで、唇にフィットする感じも良いです。
 
質感は少々固めなので、日頃のリップケアや下地などを怠った唇には、伸びにくい印象を受けます。逆を言えば、ケアさえ行っていれば、直接塗りでも綺麗に乗ります。
 

発色・仕上がり ★★★★★

 
色合いは、ピンクが強いベージュといった感じ。ややオレンジがかったようにも見えるため、コーラルピンクベージュと言えると思います。
 
落ち着いた色味でいて可愛いという絶妙な色味が、さすが可愛いカラーが人気のポール&ジョー。外見から抱く期待以上に、顔全体を綺麗に見せてくれる効果があります。派手すぎず、肌馴染みのよい色合いだからこそ実現できることなのでしょうね。
 
コーラルが入っているため、ピンクベージュが似合わないという方でも、チャレンジしやすいカラーだと思います。ちなみにオレンジ系が似合うのは、主にイエローベースの肌質の方です。
 
さらに、302レトロはナチュラルなカラーなので、オフィスでも違和感なく付けることができます。
 
もう少し薄付き・艶感を求めるなら、番台を下げて202プレタポルテにするのもおすすめ。こちらも同じピンクベージュで、302レトロより、可愛らしさがプラスされる色味が人気のカラーです。
 

保湿・艶 ★★★☆☆

 
発色重視・マット仕上げの300番台の口紅なので、その通り、艶感は出ません。艶感を出したい場合は、グロスなど重ねる必要があります。
 
保湿効果はあまり感じませんが、刺激もなく乾燥せず、メイクオフしたあとの唇も荒れることもないので、使用にあたってクリアかと。
 
しかし、事前の保湿は必須。300番台は、発色重視の使用感なので、下準備をしないと綺麗に乗りません。
 
一方、100・200番台は適度な潤いと艶感が出るタイプで、乾燥感もさらに感じない仕様とのこと。事前の保湿を入念にしても、300番台の口紅による乾燥感が気になる場合は、そちらを選ぶのがおすすめです。
 

色持ち・落ちにくさ ★★★★

 
色は少々落ちやすいように思いました。つけ心地としては浮かずにフィットする感覚ですが、時間が経過すると色が薄くなることもありました。
 
食事をすれば当然落ちますし、何かと注意しないといけない印象を受けます。綺麗な発色だけに、この効果の弱さは残念。
 
一方で、色の濃いカラーに関しては、色持ちも良いとの声も。
 

コスパ ★★★★★

 
ポール&ジョー リップスティック リフィル
ポール&ジョー リップスティック リフィル

 コスメリンク価格:1,740円(税込) << 19%オフ >>
 
ポール&ジョー リップスティック ケース
ポール&ジョー リップスティック ケース

 コスメリンク価格:1,058円(税込) << 2%オフ >>
 
リフィルとケースが別売りになっているタイプ。リフィルのみのお値段なら、プチプラコスメの価格程度で済むところが◎。リフィルの付け外しも簡単で、付けるときは押しこむだけ、外すときは引っ張るだけというお手軽さもいいです。
 
節約を重視するなら、持ち運びのためだけにケースを使用して、その日の気分で付け替えてもOKだと思います。ケースにセットしないリフィルは、届いたときの状態で箱に保管してしまえばOKですしね♪
 
リピートする際はもちろん、他の色が欲しくなったときでもリフィルのみ付け替えれば良いのはかなりのお得感!
 
さらに300番台は、前述通り、少し固め質感なので減りも遅いように思います。
 

カラーバリエ ★★★★★

ポール&ジョー リップスティック カラーバリエ(色)

 
全25色。
コスメリンクでは、20色取り扱いがあります。
 
前述しましたが、番号ごとに仕上がりのタイプが選べることと、ポール&ジョーならではの鮮やかなカラー展開に何色も欲しくなってしまいます。ボルドー(306アベニュー・モンテーニュ)も気になる!
 
そして、ポール&ジョーの魅力の一つとして、カラー別の商品名がとっても素敵なんです。104マドモワゼル、205いちごのジャム、305バラ色の人生…etc.
 
名称からも心を掴んでくるので、衝動買い注意!です(笑)
 

ケース・持ち運び ★★★★

ポール&ジョーリップスティックケース持ち運び

通常のケースデザインは、プラスチック製でシンプルで可愛らしいデザイン。
 
限定ケースは紙製で、とても可愛い絵柄入り。しかし、限定ケースはコスメリンクで取り扱いがないのが、非常に残念なところ。
 
持ち運びに関しては、長さはコンパクトですが、横幅があるのでやや嵩張るかも。
 

ポール&ジョーの口紅 総合評価 43点/50点

 
ポール&ジョー ボーテ リップスティックは、総合的に見て、良いコスメでした。
 
何より魅力的なのは【綺麗な色合いと発色】!続いて、【リフィルとケースが別売りでエコ】【わくわくするカラー展開と名称】が良かったです。
 
色持ちが良いわけではないですが、食事後メイク直しすればOKなので許容範囲。何より、肌にぴたっと馴染んで顔全体を明るく仕上げる絶妙な色合いと発色が可愛いのです。
 
口コミである通り、口紅の機能性として特別優れているわけではないですが、ポール&ジョーならではの可愛いケースとリップカラーにハマる、そんな口紅です。
 


 

ポール&ジョーの口紅 口コミ

乾燥肌20代後半

302レトロを購入。以前202も持っていました。どちらもピンクベージュで、202は可愛らしいピンクベージュ、302は落ち着いた大人っぽいピインクベージュといった感じ。202、302に共通して言えることですが、どちらもベージュよりピンク色が強めです。
潤いはまずまずといったところ。持ちは普通。リフィルが詰め替えれるし、限定パケが楽しみです☆

 

敏感肌30代前半
乾燥肌なので、下地&グロスで乾燥対策はかかせません。購入した302は、コーラルピンクベージュといった感じ。可愛い色味で気に入っています。名前のようにレトロでオシャレな感じがします。
グロスは全体的に塗るのではなく、真ん中のみに付けると立体感が出て、品のある仕上がりになるのでおすすめです。

 

普通肌30代後半
限定の紙ケースと併せて限定色も何本も持っています。それくらい可愛いです。色持ちはあまり良くないですが、艶のあるシアーな発色が気に入っていています。
デイリーに使うのは200番台が多いですが、100番台、300番台もそれぞれ使い勝手が良いです。リップ自体は少し固めなので、ブラシを使用して付けた方が仕上がりは綺麗です。

 

混合肌40代前半
ひとまず、ナチュラルな200番台からと206 Joie De Vivre(生きる喜び)を購入。名前がとっても素敵。見た目通りかつ透明感のある発色で肌馴染みが良いです。
元々はピンクベージュが1番好きでしたが、年齢と共に悲しいかな似合わなくなってしまいました…。唇の性能としては、発色・持ち・潤いすべてにおいて、ごく普通かなという印象。ケースの可愛さとカラー展開に惹かれて、また購入してしまいそうです。

 

脂性肌40代後半
205 Strawberry Jam(いちごのジャム)を購入。ナチュラルなピンク系です。可愛らしいパケやカラー展開から、ターゲット層は若いブランドなのでしょうが、あまりにも良い色味で思わず購入してしまいました。これ1本での艶感や保湿は心許ないので、リップクリームやグロスで乾燥対策は必要。夏場なら、これだけでも活躍できると思います。

 
ポール&ジョー リップスティック リフィル
ポール&ジョー リップスティック リフィル

 
ポール&ジョー リップスティック ケース
ポール&ジョー リップスティック ケース

 

この記事をSNSでシェア

読者の口コミ

口コミはまだありません。最初の口コミを書いてみませんか?

口コミを投稿する

人気記事

follow dressr on...