まつ毛美容液の正しい塗り方!効果を引き出すコツをご紹介


長くてボリュームのあるまつ毛は誰もが憧れますよね。そんな理想のまつ毛を手に入れるために「まつ毛美容液」を日常のお手入れとして取り入れている人は多いかと思います。
 
そのまつ毛美容液に正しい塗り方があるのはご存知ですか?実は塗り方次第で、まつ毛への効果も変わってくるのです。
 
今回はタイプ別にまつ毛美容液の正しい塗り方をご紹介!
 
効果を引き出すコツまでしっかり理解して、素敵なふさふさまつ毛を目指しましょう。

目次
 
今話題のマツ育ができる「まつ毛美容液」ってどんなもの?
まつ毛美容液の基本的な塗り方!マツ育効果を引き出すタイミングとは
 ・ まつ毛美容液を塗るタイミングはクレンジング後!
 ・ まつ毛美容液の塗り方の基本【上まつ毛編】
 ・ まつ毛美容液の塗り方の基本【下まつ毛編】
タイプ別のまつ毛美容液の塗り方のコツ
 ・ チップタイプ
 ・ 筆タイプ
 ・ マスカラタイプ
初心者におすすめ!ピンポイントで塗りやすい筆タイプ
まつ毛美容液を塗る上で注意しておきたいこと
まとめ

今話題のマツ育ができる「まつ毛美容液」ってどんなもの?


まず最初にマツ育とは、簡単にいうとその名の通り“ふさふさなまつ毛を育てること”を言います。マスカラ、まつ毛エクステやつけまつ毛に頼らなくても勝負できる自まつ毛にすることを目標とします。
 
一瞬でまつ毛のボリュームをアップしてくれるマスカラやまつ毛エクステですが、自まつ毛を傷めてしまいますから、なるべくやりたくはないところですよね。
気付けば自まつ毛が抜け落ちてスカスカになっていた…なんてことも少なくはないはずです。
 
そこで救世主となってくれるのが「まつ毛美容液」という訳です。
 
わざわざ自まつ毛を傷めるマスカラやまつ毛エクステに頼らなくても、自まつ毛そのものを育てて「ふわふさなまつ毛」を手に入れることが可能となります。
 
ではどのようにして自まつ毛を育てていくのでしょうか?

まつ毛美容液が一体どんなのものかと言いますと、保湿成分やまつ毛が成長したり、強くしたりすることに必要な成分が配合された、まつ毛専用の美容液です。
何だかとても贅沢なかんじですね。
 
使い続けることによって、ハリ、コシ、ボリュームや長いまつ毛になることが期待できます。

あとで説明していきますが、まつ毛美容液にもいろいろとタイプがありそれぞれ塗り方が異なってきます。

まつ毛美容液の基本的な塗り方!マツ育効果を引き出すタイミングとは

まずは基本的な塗り方を説明していきます。まつ毛美容液の効果をより期待できるように頭に入れてきましょう。

まつ毛美容液を塗るタイミングはクレンジング後!

みなさんまつ毛美容液を塗るタイミングはどうされていますか?
 
もしタイミングを気にせずに塗っているという人がいれば要チェックです。
 
まつ毛に油分や汚れが残っていると、まつ毛美容液に含まれた美容液成分が充分に浸透していきません。反対に清潔なまつ毛に塗ることで、まつ毛美容液がより浸透していきますから、効果を最大限に発揮することができるのです。
 
おすすめは就寝前のスキンケアのときです。
クレンジング後のアイメイクが落ちている状態が適しているといえるでしょう。


まつ毛美容液の塗り方の基本【上まつ毛編】

そしてまつ毛美容液の基本的な塗り方は、以下の通りです。
上まつ毛と下まつ毛では少しずつ塗り方が異なってくるので、しっかりチェックしておきましょう!

私もよく失敗するのですが、たっぷり液をつけすぎてしまい、根元に塗るときに目に液がついてしまうことがあります。
目に入ったり、まぶたに液がつかないようにくれぐれも注意して行いましょう。

まつ毛美容液の塗り方の基本【下まつ毛編】

続いて下まつ毛の塗り方についてご説明していきます。

下まつ毛は、特に短く目に入るリスクが高まるので、液が目に入らないように最善の注意を払いながら行います。
 
まつ毛美容液の使用頻度としては1日1回~2回、を目安にしましょう。
 
マスカラを塗る前に下地として塗れば、マスカラやビューラーによる傷みを防ぐことにも繋がるので、朝のメイク前にも使用してもいいかもしれませんね。
メーカーによって使用頻度が異なることがあるので、説明書きをしっかりとチェックしておきましょう。

タイプ別のまつ毛美容液の塗り方

まつ毛美容液にはいくつかのタイプがあります。
それぞれ塗り方が異なってきますので、使うことがあるものは覚えておきましょう。

チップタイプの塗り方

427434

こちらのタイプはよく見かけるので、使っている人は多いのではないでしょうか。
 
グロスのチップのようで、柔らかい感触なのが特徴です。
 
塗るときはマスカラを塗る要領で、チップを横にして根元から毛先にかけて塗るようにしましょう。下まつ毛も根元から塗ってもよいですが、液がべちゃっとつくのが怖いようならチップの先端だけ使って行うと良いかもしれません。

筆タイプの塗り方

matugebiyou

こちらはアイライナーの筆タイプのように使うのが特徴です。

塗る部分はリキッドアイライナーの筆のような形で、毛先が細くなっています。そのため、まつ毛の生え際といった細かいところにも栄養を与えることができます。
 
まつ毛自体に全体に塗っていくというよりは、目のキワに塗っていくイメージです。
 
目頭から目尻に向かってつけていきましょう。下まつげも同じように行います。
 
まつ毛とまつ毛の隙間を埋めてつけていくと良いので、アイライナーを引くのが得意な人は上手にできるかもしれません。

マスカラタイプの塗り方

427438

こちらは見た目がマスカラそのもので、360度スクリューになっているのが特徴です。
 
なので、短いまつ毛もちゃんとキャッチして広い範囲に塗ることができます。マスカラを塗るようにまつ毛の流れにそって美容液をつけていくので、普段マスカラをしている人ならあまり抵抗はないかもしれません。
 
量が多すぎたらマスカラのように淵で液を落としてから使います。

このタイプは根元に塗るのが難しくて液をつけすぎると目についてしまったり、キワにブラシが当たりやすいのがデメリットです。
目頭や目尻の細かい部分はブラシの先端を縦にしてブラシに残った美容液を慎重につけていきましょう。

下まつげは、ブラシを横にして生え際からなじませて塗っていきますが、上と同様に細かい部分はブラシを縦にして先端を使って塗ってみて下さい。

初心者におすすめ!ピンポイントで塗りやすい筆タイプ


タイプ別に塗り方を紹介していきましたが、初心者さんにおすすめなのが筆タイプです。
 
なんといってもまつ毛のキワや下まつ毛など、塗るのが難しい細かいところにもやりやすいからです。
 
先が細くなっているためピンポイントで塗りやすく、まぶたにうっかり液が付着してしまったという事態も他のものより避けられるのではないでしょうか。
 
どれを使ったら良いのかわからない人や、上手に塗れずまぶたについていまいそうな人はまずは筆タイプからはじめてみると良いかもしれません。

当サイトドレッサー管理人が試した中でおすすめのまつ毛美容液は「エマーキット」です。
筆タイプで塗りやすいところもおすすめですが、即効性を感じられたまつ毛美容液でもあります。
 
下記記事で体験レビュー、ビフォー&アフター画像も紹介していますので、気になった方はぜひご覧になってください。

まつ毛美容液を塗る上で注意しておきたいこと

まつ毛美容液は魅力的なまつ毛を目指すのに必須なアイテムですが、正しく安全に使うためにいくつか注意事項があります。

1.初めて使うまつ毛美容液は必ずパッチテストを

まず、まつ毛は目に近いパーツなのでデリケートな部分です。
 
まつ毛に塗っているつもりでも、まぶたに液が全くつかないわけではないので、肌に刺激となることもあります。初めて使うまつ毛美容液は必ず使用前にパッチテストを行いましょう。


まずは腕の内側など柔らかい部分に1度塗ってみて1日過ごしてみて下さい。赤み、かゆみが出た場合は肌に合っていないので使用するのをやめておきましょう。
 
詳しいやり方はこちらをチェック→【Q.】パッチテストとは?正しいやり方を教えて!

2.誤って目に入ってしまった時の対処法

そして塗るときは慎重に行うことが大切です。
急いで液がつけすぎている状態で、適当に塗れば必ず目に入ります。1度にたっぷり塗ろうとせず、少量を分けて塗ると良いですよ。
 
もし誤って目に入ってしまった場合ですが、焦らずまずは水やぬるま湯で目をよく洗いましょう。
 
コンタクトレンズをしていたら、速やかに外して目を洗い、コンタクトも専用の洗浄液でよく洗って下さい。
それでも目に違和感や痛みが残っていたらすぐに眼科を受診する必要があります。

3.たっぷり多くの量を摂り過ぎないこと

また、効果を早めたいからといって1日に何度も塗るのが良いかといったらそうではありません。
 
化粧品には限度というものがありますから、1日に何回使用して良いのか、つける量、などはしっかり守って正しく安全に使うことが1番大切です。
説明書をしっかり読み、それでもわからないことがあったらメーカーに問い合わせて聞いてみましょう。

まとめ

今回はまつ毛美容液の使い方についてご紹介していきましたがいかがでしたか?
 
それぞれのタイプ別に塗り方があったり、コツがあったりしますが、どれも正しい方法で使うことが大切です。
 
またすぐに効果が出るものではなくて、使い続けることで結果が表れます。途中で諦めないで、こつこつ毎日欠かさず塗って、まつ毛のボリュームアップを目指していきましょう。 

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...