ミネラルファンデに下地を使うと「肌への優しさ」はどうなる?


肌に優しいミネラルファンデーション。
しかし、ミネラルファンデーションだけではカバー力や化粧持ち、日焼け止め効果が補えない場合もありますよね。
 
もしミネラルファンデーションの前に下地や日焼け止めを塗った場合、「肌への優しさ」は一体どうなるのでしょうか?
 
今回はそんな疑問を解決すべく、ミネラルファンデーションと下地の肌への影響についてまとめてみました。カバー力や化粧持ちをUPしたい人におすすめの下地もぜひチェックしてみて下さいね。

目次
 
ミネラルファンデーションが肌に優しいと言われる理由って何?
下地や日焼け止めを使用することでクレンジングが必要になる場合も
ミネラルファンデーションの「肌への優しさ」を活かすにはルースタイプの下地や日焼け止めが良い
ミネラルファンデーション+下地でカバー力と崩れにくさがUP!
ミネラルファンデーションと相性の良いおすすめの下地とは?
 ・ 肌への優しさを重視したい人におすすめの下地
 ・ 1つで多機能!下地不要のミネラルファンデーション
 ・ それでもカバー力&化粧崩れを重視したいならコレ!
まとめ

ミネラルファンデーションが肌に優しいと言われる理由って何?

ミネラルファンデーションが肌に優しいことを知っている方は多いと思いますが、一体肌に優しいその理由とは何でしょうか。

ミネラルファンデーションは余計な成分を使わずに、ミネラル(鉱物)を主な原料として作られています。
 
そのため、あらゆる成分によって肌荒れが起きるリスクを減らすことができるのです。

しかし、日本には未だミネラルファンデーションの定義が明確には存在していないので、ミネラル成分が少しでも入っているだけで「ミネラルファンデーション」と表記されてしまいます。
 
つまり、正しい知識を知った上で選ばなければ、商品によって品質の差がでてきてしまう可能性もあるということ。
 
肌への優しさを追求するのであれば、ただミネラル成分が含まれているだけでなく、肌への負担のかかる成分が使われてないか?ということが重要になるのですね。


また、ミネラルファンデーションの中にはクレンジングが不要で石鹸で落とせるものがあります。

通常の肌の状態にクレンジングを使用することに大きな問題はありませんが、肌荒れしている時や敏感になっている時には、クレンジング剤に含まれる「界面活性剤」という成分が肌へ刺激を与えてしまうことがあります。

ですからクレンジングが不要のミネラルファンデーションは、お肌への負担を大幅に減らすことができるのです。
 
このように余分な成分を使用していない、クレンジングによる刺激が少ないため、ミネラルファンデーションは肌に優しいと言われているのです。

下地や日焼け止めを使用することでクレンジングが必要になる場合も


石鹸で落とせるミネラルファンデーションはクレンジングによる肌への負担を減らすことができますが、下地や日焼け止めを使うことによってクレンジングが必要になってしまうこともあります。
 
クレンジングが必要な下地や日焼け止めを使ってしまったら、せっかく石鹸で落とせるミネラルファンデーションでも意味がありませんよね。

リキッドやクリームタイプの下地や日焼け止めにクレンジングが必要な理由は、混ざることのない水と油をなじませるために界面活性剤が使用されているからです。
 
界面活性剤はクレンジングがなければ、完全に落とすことができません。
 
もし、クレンジングを使用せずに界面活性剤が毛穴に入り込んでしまうと、肌バリアを低下させてしまったり、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

リキッドやクリームタイプの下地に含まれる“界面活性剤”を肌に残さないためには、洗浄力の強いクレンジングで完全に落とす必要があるのです。

ミネラルファンデーションの「肌への優しさ」を活かすにはルースタイプの下地や日焼け止めが良い

ケミカル成分の入った下地や日焼け止めを使わない方が肌に優しいとはいえ、ミネラルファンデーションだけではカバー力が足りなかったり、化粧持ちが悪かったり、日焼け止め効果が低いというデメリットもあるため下地はやはり使いたいですよね。
 
そこで求めるものは、ミネラルファンデーションに使う意味のある肌に優しい下地や日焼け止めです。
 
肌に優しい条件は以下の2つ。
 
クレンジング不要
肌に負担のかかる余分な成分が入っていない
 
この条件をクリアした下地を選ぶことが重要なポイントとなります。

例えばミネラル成分を主としたルースパウダータイプの下地やファンデーションなら、肌への負担が少ないですし、クレンジングが不要なものを選べば、ミネラルファンデーションの魅力ともいえる肌への優しさを最大限に活かすことができます。

粉末状のルースタイプのミネラルコスメは油分や水分の割合が低く、界面活性剤を使わずとも作ることができるというのが特徴の1つです。

ミネラルファンデーション+下地でカバー力と崩れにくさがUP!


ミネラルファンデーションと下地を使うことで、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

カバー力がアップする

1つ目のメリットとなるのは、カバー力がアップするということです。
 
目立つ毛穴の凹凸をしっかり隠してくれますし、お肌の色を補正して均一に整えることも可能です。
このようにカバー力を求めるのなら下地の役割が欠かせない存在となるのです。

化粧持ちが良くなる

そして下地を使うことでファンデーションの肌への密着度が高まるので、化粧を崩れにくくすることができます。
 
また、高機能の下地であれば保湿効果が得られたり、テカリを防いだり、UVカット対策ができたりと色々なメリットがあります。
 
ミネラルファンデーションを使うなら、肌に優しいミネラルを主成分にしたルースパウダータイプの下地を使うことをおすすめします。

ミネラルファンデーションと相性の良いおすすめの下地とは?

下地も色々なものが出ているので、その中から肌に優しいものを選びだすには難しいですよね。
 
そこでミネラルファンデーションと相性の良いおすすめの下地をピックアップしてみました!ミネラルファンデーションの肌への優しさを活かせる下地を厳選してご紹介していきたいと思います。

肌への優しさを重視したい人におすすめの下地

エトヴォス/ナイトミネラルファンデーション


〈全1色〉
通常価格:2,500円(税抜)
・内容量:5g
・紫外線カット機能:―

項目別評価 点数
肌への優しさ ★★★★★★★★★★ 10
カバー力 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3
崩れにくさ ★★★★★★☆☆☆☆ 6
紫外線カット ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 0

肌への優しさを重視したい人におすすめの下地です。ミネラルファンデーションの下地や仕上げ、さらにお休み前のトリートメントパウダーとしても使うことができます。
 
石鹸でオフできるだけでなく、シリコン、紫外線吸収剤、界面活性剤、タルク、ナノ粒子、合成香料と肌に悪影響のものはすべてカットされているのでミネラルコスメ愛用者からしても嬉しいですね。
  
そして余分な皮脂を吸収して化粧持ちをアップさせるだけでなく保湿効果もあることも魅力的です。
配合成分を最低限に抑えたシンプル処方で「肌への優しさ」へのこだわりはもちろん、肌の凸凹をカバーする“下地”としての機能も優秀です。
 
同じエトヴォスから発売されている「マットスムースファンデーション」と組み合わせることで、紫外線カット機能「SPF030 PA+++」を補うことができるので併用して使うことをおすすめします。

1つで多機能!下地不要のミネラルファンデーション

オンリーミネラル / 薬用美白ホワイトニングファンデーション


〈全2色〉
通常価格:3,900円(税抜)
・内容量:7g
・紫外線カット機能:SPF50+ PA+++

項目別評価 点数
肌への優しさ ★★★★★★★★★☆ 9.5
カバー力 ★★★★★★☆☆☆☆ 6
崩れにくさ ★★★★★★★☆☆☆ 7
紫外線カット ★★★★★★★★★★ 10

あれこれ使わずこれ1つでベースメイクが完了する、多機能ミネラルファンデーションです。
 
ミネラルに含まれる光の拡散成分でシミやくすみも目立たなくすることができますので、視覚的な美肌効果も得られます。
 
そして微粒子パウダーなので、皮脂と混ざり合いしっかり密着します。そのため化粧持ちが良く崩れにくいのも、このファンデーションの良いところです。これなら下地が不要ですね。
 
UVカットについては「SPF50+ PA+++」と強い紫外線もしっかりバリアすることができます。少しの外出時だけでなく、レジャーなど日差しの強い屋外でも対応できるのは最大のメリットともいえるでしょう。
 
そんな高い紫外線カット効果にも関わらず、洗顔料だけでメイクオフすることができるので、クレンジングによる負担も減らすことができます。

それでもカバー力&化粧崩れを重視したいならコレ!

HANA / ウェアルーUV(日焼け止めベース)


〈全2色〉
通常価格:4,000円(税抜)
・内容量:30ml
・紫外線カット機能:SPF30 PA++

項目別評価 点数
肌への優しさ ★★★★★☆☆☆☆☆ 5
カバー力 ★★★★★☆☆☆☆☆ 5
崩れにくさ ★★★★★★★★★☆ 9
紫外線カット ★★★★★★★☆☆☆ 7

こちらは外的ダメージを防ぎ美肌へ導く日中用美容液ベースです。
 
環境ストレスによる炎症や肌悩みに打ち克つために、日中起こりやすい炎症を未然に防ぐ「イザヨイバラエキス」を配合しています。
 
それが肌本来の抵抗力を取り戻し、日中起こる炎症の原因を未然に防ぎ、大気汚染やブルーライトなどの外的ダメージからも守ってくれるのです。
 
「HANAのウェアルーUV」1つで日中用美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの4つの機能を持つので、ちょっとしたお出掛け時にはファンデーションいらず。白浮きや被膜感がなく、1年中気持ち良く使える100%天然のオーガニックの日焼け止めです。
 
界面活性剤が使用されているのでクレンジングは必要になってしまいますが、ケミカル成分は一切不使用
一般的なケミカル下地に比べると、肌への負担を減らすことができます。
 
日中の紫外線をカットする「SPF30 PA++」はもちろん、大気汚染やブルーライトなどの刺激が気になる方にはおすすめです。

まとめ

今回はミネラルファンデーションに下地を使うと、肌への優しさはどうなるのかをまとめていきました。
 
肌への優しさを求めるのなら、下地も主成分がミネラルのものを選びましょう。
主成分がミネラルのルースタイプの下地なら、界面活性剤も入っていないので洗顔でオフできますし、ミネラルファンデーションの「肌への優しさ」を活かすことも可能です。
 
ミネラルファンデーションと相性の良いおすすめの下地を参考に、自分にピッタリの下地を見つけてみて下さいね。
 
当サイト「ドレッサー」では、実際に試したミネラルファンデーションをランキング形式でご紹介しています。おすすめのミネラルファンデーションについて知りたい方は下記記事もご覧になってみてください。

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...