目立つ毛穴とさようなら。悩み別に選ぶ化粧水おすすめランキング!


メイクでカバーしきれなくなった目立つ毛穴。
様々な肌トラブルの中でも、なかなか治りにくい深刻な悩みですよね。
 
毛穴開きや黒ずみ、いちご鼻、たるみ毛穴…毛穴の悩みとひとつで言っても、人によっては様々です。
 
今回は、毛穴の徹底的に治したい!という方に向けて、悩み別で選ぶ化粧水をご紹介!今まで毛穴用の化粧水を使っても治らなかった…改善できなかった…なんて人は特に必見です!

目次
 
毛穴トラブルの種類を診断
TYPE1【開き毛穴タイプ】
TYPE2【詰まり毛穴タイプ】
TYPE3【たるみ毛穴タイプ】
毛穴トラブルのケア方法
まとめ

毛穴トラブルの種類を診断!あなたはどれ?

まず、毛穴に効果的な化粧水選びには「毛穴トラブルの種類に合った化粧水」を選ぶことがポイントとなります。
“毛穴の悩み”と1つでまとめてしまいがちですが、実際のところ様々な種類があり、それぞれ原因も異なってくるのです。


例えば、加齢が原因となる「たるみ毛穴」に黒ずみ毛穴と同じように、ピーリングで角質を取り除いてみるとします。肌のバリア機能が低下している状態の肌は、刺激が加わり、さらに肌荒れとなってしまうこともあるのです。

肌に合ったケアをするには、まず自分の毛穴トラブルの種類を知ることが大切です。
 
そんな毛穴トラブルは大きく3種類に分けられます。当てはまる項目にチェックして、自分の毛穴トラブルの種類を見つけましょう。

TYPE1


多く当てはまる人は…

開き毛穴タイプ



 

TYPE2


多く当てはまる人は…

詰まり(黒ずみ)毛穴タイプ



 

TYPE3


多く当てはまる人は…

たるみ毛穴タイプ



 

TYPE1【開き毛穴タイプ】の化粧水の選び方・改善方法


・毛穴が丸く開いている
・脂性肌(オイリー肌)である
・テカリ・ベタつきやすい
・肌表面がクレーターのように凸凹している

脂性肌の人になりやすい毛穴トラブルの種類で、過激な皮脂の分泌により毛穴が開いた状態です。
開いた毛穴の周りには、角質が溜まりやすく、より目立ちやすくなってしまうこともあります。ひどい部分は陥没してしまうことも。

 

皮脂の分泌を抑える化粧水を選ぶ


皮脂が過激に分泌することが原因で起こる“開き毛穴”は、この皮脂の分泌を抑える美容成分が配合された化粧水を選ぶことがポイントとなります。
 
皮脂の抑制効果のある美容成分の中でも、同時に毛穴を引き締める効果を持つ「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧水がおすすめ。
 
もうひとつ開き毛穴のスキンケアで欠かせないのは、保湿ケアです。
ベタつきやすい保湿ケアはついつい怠りがちになってしまいますが、乾燥が原因で皮脂の分泌を過激にしてしまうこともしばしば…。
 
ベタつきが気になる人は、比較的に油分が少なく保湿力が高い化粧水を選びましょう

効果的な美容成分

▼皮脂の抑制・毛穴引き締め効果のある成分

成分 主な効能
ビタミンC誘導体 皮脂分泌のコントール作用、新陳代謝促進作用、抗酸化作用、収れん作用(毛穴引き締め効果)

 
▼保湿効果の高い成分

成分 主な効能
セラミド 水分保持能力、バリア機能の改善
ヒアルロン酸 水分保持能力
コラーゲン 水分保持能力

 

開き毛穴におすすめの化粧水ベスト3

 

(+α)日中は余分な皮脂をティッシュでオフする

朝と夜のスキンケアで、過激に分泌される皮脂をコントロールする働きを持つ美容成分でアプローチを。日中もティッシュで余分な皮脂を取り除くといった対策を取りましょう。
 
ここで注意しておきたいのが、あぶらとり紙の使いすぎです
あぶらとり紙のメリットともいえる高い吸収力ゆえに肌に必要な皮脂まで吸収してしまうと、異常を感じた肌が、皮脂の分泌をさらに過激にしてしまいます。使用目安としては1日2回程度でも充分だといえるでしょう。
 
あぶらとり紙に比べて吸収力の低いティッシュで取り除く方法も◎。皮脂を取り過ぎてしまう不安が少なくなります。
 
皮脂の過激な分泌が原因となる開き毛穴タイプさんは、余分な皮脂を取り除いて、清潔な肌を保つことを心掛けていくことがポイントとなります。


 

TYPE2【詰まり毛穴タイプ】の化粧水の選び方・改善方法


・毛穴に白い角質が詰まっている
・黒い点のように広がっている
・Tゾーン、もしくは鼻回りに多い
・肌表面にザラつきがある

Tゾーンや鼻回りに出来ることが多い毛穴トラブルです。
皮脂や古い角質、汚れなどが混ざり合って角栓となり、毛穴をふさいでいる状態にあります。白い角栓が酸化して悪化すると、黒い角栓と変化してしまう場合も。
 
この黒い角栓が鼻回りに広がった状態が、いわゆる“いちご鼻”と呼ばれています。

 

抗酸化効果の高い化粧水を選ぶ

角栓が詰まった“詰まり毛穴”は、化粧水を塗る前にピーリング化粧品や吸収力のある洗顔を活用したスキンケアがまず必須項目となります。
 
毛穴に溜まった角栓を取り除くことが出来たら、こちらも「開き毛穴」と同じように、皮脂の抑制効果、毛穴引き締め効果を持つビタミンC誘導体が配合されてる化粧水を使っていきましょう。


毛穴に詰まった角栓が黒色に変化している場合は、酸化を防ぐ「抗酸化作用」のある美容成分が効果的です。ビタミンC誘導体も抗酸化作用を持つ成分でもありますが、さらに高い効果を持つ「フラーレン」が含まれるものがおすすめ。
 
ビタミンCの誘導体の約172倍の抗酸化作用を持つ「フラーレン」は、ノーベル賞受賞成分としても話題の成分で、同時にビタミンC誘導体の浸透力をアップさせる働きも持ちます。

効果的な美容成分

▼皮脂の抑制・毛穴引き締め効果

成分 主な効能
ビタミンC誘導体 皮脂分泌のコントール作用、新陳代謝促進作用、抗酸化作用、収れん作用(毛穴引き締め効果)

 
▼抗酸化作用の高い成分

成分 主な効能
ビタミンC誘導体
フラーレン 抗酸化作用、コラーゲン生成

 

詰まり毛穴におすすめの化粧水ベスト3

 

(+α)吸着力のある洗顔料を合わせて取り入れよう


詰まり毛穴タイプさんは、化粧水の前に行う「洗顔」も重要となります。
毛穴詰まりを無理に押し出したりすると、肌トラブルを起こし兼ねないので、吸着力のあるクレイ洗顔や酸素洗顔を活用して毛穴詰まりを解消しましょう
 
洗顔前にホットタオルを肌に当てて、毛穴を開かせておく方法もおすすめ
 
古い角栓が取り除かれた毛穴に、化粧水が浸透することが改善への近道といえるでしょう。

【たるみ毛穴】の化粧水の選び方・改善方法


・30代後半以降である
・開いた毛穴がしずくのように細長い
・頬を上に押し上げると目立ちにくくなる
・お肌が乾燥しがちである
・お肌にハリがなくなったと感じることがある

加齢と共に訪れるコラーゲンの減少により、肌のハリがなくなり、毛穴を支えられていない状態です。
支えられなくなった毛穴は、下に広がるようにたるみだし、毛穴が開いたように見えることが特徴となります。悪化すると、毛穴同士が連なり、さらに大きな毛穴へと変化していくことも。

 

ハリや弾力を与える真皮に作用する化粧水を選ぶ

過激な皮脂が原因となる開き毛穴タイプや詰まり毛穴タイプとは違って、たるみ毛穴の原因はハリや弾力の低下によって起こりうるものです。そのため、今までと対策ケアも異なります。
 
どちらかといえば、エイジングケアに近い対策といったところでしょうか。
 
たるみ毛穴を改善するには、まずハリや弾力のある肌を取り戻すことが大切です。つまり、お肌にハリや弾力を与える役割を持つ「真皮」に働きかけることがポイント!


真皮に働きかける成分としては、抗酸化作用を持つビタミンC誘導体の他、衰えた真皮を再生する働きを持つペプチド、コラーゲンを増やす効果のあるレチノールといった美容成分があります。これらを含む化粧水で、肌そのものを再生するエイジングケアを行っていくと良いでしょう。
 

効果的な美容成分

▼真皮に働きかける成分

成分 効能
ビタミンC誘導体 皮脂分泌のコントール作用、新陳代謝促進作用、抗酸化作用、収れん作用(毛穴引き締め効果)
フラーレン 抗酸化作用、コラーゲン生成
ペプチド 真皮再生能力
レチノール コラーゲン生成

 

たるみ毛穴におすすめの化粧水ベスト3

(+α)イオン導入器で浸透力をアップさせよう


■ スキンロジカル / イオン導入美顔器アクアパフEX
販売価格:19,000円(税抜)

ハリと弾力を与える「真皮」まで美容成分を届けることがカギとなる、たるみ毛穴タイプさんは、イオン導入器を使って浸透力をアップさせることがより効果的です。
 
いくらコラーゲンを生成する働き持つ美容成分でも、もしそれが、肌表面までしか浸透しなければ「真皮」にアプローチすることが出来ません。
今まで使っていたエイジングケアアイテムに全く効果が感じられなったのに、イオン導入器と併用しただけで効果が現れた!なんて人もいらっしゃるんだとか。
 
イオン導入器とは、微弱の電気を流して肌のバリアゾーンを破り、角質層の奥まで浸透させることが出来るもの。加齢による真皮のコラーゲン生成が衰えがちな肌には、必須アイテムともいえるでしょう。

基本となる毛穴トラブルのケア方法

タイプ別に合ったそれぞれのお手入れももちろん大切ですが、基本となる正しいスキンケアが出来ていることが前提となります。
 
自分が抱えた毛穴トラブルに効果的な化粧水の効果を最大限に活かすためにも、基本となる毛穴ケアのポイントを抑えて、適切なスキンケアを行っていきましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか。
毛穴トラブルには3つの種類があり、それぞれでトラブルの原因が少しずつ変わってきます。その原因に合わせた効果的な化粧水で、適切なケアをしていくことが毛穴レス肌への近道といえるでしょう。
 
頑固な毛穴トラブルを改善するには、継続的に続けることが重要となります。
焦らずに、まずは化粧水1つから変えることから初めてみるのも◎。目立つ毛穴とさよならして、つるんとした毛穴レス肌を目指しましょう。

この記事をSNSでシェア

人気記事

follow dressr on...